ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > 「釣ーリズム信州」冬期ニジマス釣り場開設のオープニングイベントが開催されました!

「釣ーリズム信州」冬期ニジマス釣り場開設のオープニングイベントが開催されました!

こんにちは!農政課のライターMです。

 

「釣り」を観光資源と捉え、釣り⼈にとって魅⼒ある釣り場を構築するなどして、釣り客を誘客することで、河川・湖沼の漁業や観光等の振興を図る地域に対して、県がお手伝いする「釣―リズム信州」事業が、千曲市内で本格的に始まっています。

 

H30.10.1~H31.2.15に千曲川の大正橋から万葉橋間で、冬期ニジマス釣り場を開設して釣り客を呼び込もうという取組で、この区間は持ち帰りを禁止するキャッチ&リリースの区間に定め、限られた資源の有効活用を図っています。

 

10月6日(土)には、戸倉上山田温泉近くの千曲川河川敷で放流オープニングイベントが開催され、千曲市や更埴漁業協同組合の関係者ら約30人が集まりました。

             【主催者挨拶をする小林会長】

冒頭の主催者挨拶で、千曲市戸倉上山田地域協議会の小林会長(千曲市農林課長)は「(かつてはアユ釣りに訪れる釣り客が所狭しと竿を垂らすなど、千曲川と市民の距離が近かった)千曲川を千曲市民の生活に取り戻すために御協力をお願いしたい」と力強く話されました。

 

続く主催者及び来賓の挨拶に次いで、手配したニジマス90キログラムが届くと、集まった関係者を代表して数名が一斉にバケツで体長25センチ程度のニジマスを川に放ったほか、漁協関係者が残ったニジマスを何箇所かに分けて、大きなバケツに汲んだ魚を放流しました。

 【セレモニーで一斉にニジマスを放流した】

 

妻、7歳の小学2年生男児及び5歳の年中の女児を連れて釣りに来ていた千曲市内の男性は「冬期間にニジマスを放流する事を知って来た。これまで別の地域で釣りをしていたが、これからは毎週末でも来てみたい」と笑顔で話していました。

 

1 2

このブログのトップへ