ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野保健福祉事務所 > 健康づくり > 「3つの星レストラン」× 「ながの果物語り」×「長野県短期大学」コラボランチが楽しめる2018 第2弾

「3つの星レストラン」× 「ながの果物語り」×「長野県短期大学」コラボランチが楽しめる2018 第2弾

 

「信州食育発信 3つの星レストラン」×「ながの果物語り」×「長野県短期大学」

「長野県短期大学」の学生が考案したヘルシーで、長野地域(小布施町)のネクタリンを使ったメニューを ししとう(県庁食堂)で、提供します。

みなさんこんにちは! 長野保健福祉事務所のNHRです。

県では、県民の健康づくりを推進するため、「信州 食育発信3つの星レストラン」の認定事業を行っています。また、長野地域では、長野地域振興局を中心に、「ながの果物語り」事業を行っています。

で、今回、第2弾として、“3つの星レストラン”登録店である「ししとう」(県庁10階食堂)にて、小布施町産の旬のネクタリンを使い、長野県短期大学(県短)の学生さんが考案した「ヘルシーランチ」を1日限り60食限定で提供します。

日時は、平成30年8月23日(木) の1日のみ

食堂の営業時間は、午前11時30分の開店から午後2時まで。

ただし、メニューが売切れ次第終了となります。

メニューは、長野県短期大学(県短)の学生さんが考えました。

小布施町のネクタリンを使ったヘルシーメニュー。どうぞ、御賞味ください。

ところで、気になるメニューは?今回も、当日のお楽しみということで。

そうそう、今回は県短の学生さんも来庁します!

 

さて、第1弾として7月27日(金)に、信濃町産のブルーベリーを使ったメニューを提供しました。その報告を。

 

 

 

 

 

学生さん手作りのメニューガイド

 

当日は、信濃町にある伊藤ブルーベリー農園さんの大きな粒のブルーベリーを使いました。伊藤さん曰く、ブルーベリーは、1粒ひとつぶ、酸味が強かったり、甘かったりと、味が異なるので一度に3~4粒以上を口に入れて味わうとおいしくいただけるとのこと。(言われたとおり食べると・・・確かにおいしい。)
当日は、試食コーナーも設けました。

1 2

このブログのトップへ