ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

長野地方青少年健全育成施策推進会議を開催しました

 地域政策課のmです。

 平成26年6月24日(火)、「長野地方青少年健全育成施策推進会議」が長野合同庁舎に於いて開催され、 長野地域内で青少年の健全育成に関わっている、学校、警察、市町村、行政の方々39名が集まり、研修及び情報交換が行われました。

 

 今年度は「インターネット」関連の講演を二つ。
face01最初に、長野県警察本部サイバー犯罪対策室の山岸美和さんに、「サイバー犯罪の情勢について」お話しいただきました。

 ここ近年増加している、インターネットを利用した犯罪、「サイバー犯罪」。相談件数は、全国で84,863件、長野県で1,309件ですが、検挙件数は、全国で8,113件、長野県で111件と、約1割しか解決にいたってないのが現状です。(平成25年度)

 インターネットには、パソコンやスマートフォンなどからだけでなく、家庭用ゲーム機や音楽プレーヤーからでも簡単に接続できてしまい、そのことを知らない大人も多いといいます。

講演資料より

講演資料より

 山岸さんは、子ども達に話をする際に、インターネットを使う時の注意点として、
 1.インターネットを使う時には「相手の顔」を想像しよう。
 2.ネット上で喧嘩してしまうこともあるので、現実の「わたし」と「あなた」の関係を大切にしよう。この2つをいつも伝えていくようにしているそうです。

  face01次は、LINE(ライン)株式会社政策企画室の高橋誠さん。

 東日本大震災後に、安否確認を早くわかりやすく行いたいと設立された、LINE株式会社。現在、最も多く利用されている無料通信アプリ「LINE」。

 LINE株式会社では、啓発活動や小中学生向けワークショップ形式授業の開催を無償で行っているとのこと。今回の講演会も無償でお越しいただきました。

 講演は、「スマホ持ってる人は?」「LINE使ったことある人は?」という質問から始まりました。
11722

 LINE株式会社の青少年のための取り組みを紹介します。

配付資料より

配付資料より

1 2

このブログのトップへ