ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 食と農業 > 「おいしい信州ふーど(風土)」 須高の伝統野菜

「おいしい信州ふーど(風土)」 須高の伝統野菜

 農政課のWです(^^)

今日は【おいしい信州ふーど(風土)】紹介シリーズ第2回目として、須高地域伝統野菜たちを紹介します!
(◎シリーズ①「そば」についてはコチラをご覧ください)

<<「おいしい信州ふーど(風土)」その② ~須高の伝統野菜(ヘリテイジ)~>>

最近は毎日暑いですね!夏まであともう一歩というところでしょうか。
face07暑くて食欲がない、ごはんが食べられない・・という方も多いと思います。
そんな時は、ぜひ、旬の野菜を食べましょう!
須高の伝統野菜は、今が旬です!(*^^*)

【その1 小布施丸なす】
巾着型が愛らしい、小布施伝統の丸なすです。小布施町では、うら盆のお供え、おもてなしに、小布施丸なすの「おやき」が必需品だそうです(>_<)!

 
収穫時期は7月~9月。明治時代から栽培されていた品種で、肉質は固硬く、煮崩れしにくいので、油料理・蒸し料理に最適です。たっぷりの汁で煮て、ごま仕立てにすると美味だそうですよ(^^)★


【その2 八町きゅうり】
皮が厚くて肉厚、ずんぐりむっくり、甘味があって白い粉(ブルーム)をふくのがこのきゅうり。須坂市に伝わる伝統野菜で、昭和20年代に八町の生産者さんが交配・育成したとも、長野市内の農家さんから種子を譲り受けたともいわれています。
 

収穫時期は6月下旬~9月。生食に味噌を付けて食べるのはもちろん、浅漬け、味噌漬けにしても美味しいそうです。夏はやっぱり、サッパリしたきゅうりおいしくいただきたいですね(^^)!

 

 

 

 

 

 

 

【その3 村山早生牛蒡】
秋まき夏どりの、「白い、灰汁が少ない、太い」の、須坂市の牛蒡です。昭和22年に須坂市村山町の生産者が、東京都の育種家を通じて種を入手し、品種改良を重ねて生まれました。
 

1 2

このブログのトップへ