ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます! (写真:飯綱町 りんご畑) ★★ただ今、長野地域のおいしい果物情報を発信中!!★★ #ながの果物語り 

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます! (写真:飯綱町 りんご畑) ★★ただ今、長野地域のおいしい果物情報を発信中!!★★ #ながの果物語り 

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > #ながの果物語り アルクマと旬ちゃんが済生会長野保育園で長野市産の夏秋イチゴをPRしました!

#ながの果物語り アルクマと旬ちゃんが済生会長野保育園で長野市産の夏秋イチゴをPRしました!

皆さんこんにちは!農業農村振興課のFBです。

長野地域は、県内有数の「くだもの」の産地です。長野地域振興局では「くだもの」を活用した地域活性化の取組「ながの果物語り」を推進しています。

この一環として実施している「子供向け消費拡大事業」の第7弾として、長野市の済生会長野保育園へ「アルクマ」と「旬ちゃん」がお出かけし、地域のお菓子屋さんに製造いただいた長野市産の夏秋イチゴを使用したスイーツの試食を通じて、園児の皆さんに地域の果物をPRしました!

約90名の園児さんと一緒に、長野地域の果物についてクイズを交えながら楽しくお勉強しました。クイズの後はパティスリー・カズーリーさん(長野市)が作った夏秋イチゴのスイーツを試食し、地元産果物のおいしさを味わいました。

パティスリー・カズーリーの大日向さんにも、夏秋イチゴスイーツの紹介をしていただきました。今回使用されたいちごは、長野市の芋井で栽培されたとのことです。

現在、長野県では「夏秋イチゴ」の栽培に力を入れています。元々イチゴは夏から秋にかけての国内生産量が少なく、この時期は輸入に依存していました。しかし、品種改良と長野県の冷涼な気候があいまって、今では夏から秋にかけておいしいイチゴが出荷できるようになりました。甘酸っぱい味わいが特徴で、ケーキなどのお菓子にも適しています。

今回のスイーツは「夏秋イチゴのロールケーキ」と「夏秋イチゴのプリン」。どちらも夏秋イチゴがたっぷりと使われています。ロールケーキは甘酸っぱいイチゴジャムと滑らかな生クリームがよく合い、しっとりとした生地との組み合わせが完璧でした!

園児たちは「甘酸っぱくておいしい」と嬉しそうに頬張っていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

◯ 日時・場所

日 時:令和2年10月21日(水)15:00~15:30

場 所:済生会長野保育園(長野市三輪8丁目43番8号)

◯ 主 催

長野地域振興局長野農業農村支援センター

 地元産いちごスイーツの提供店

パティスリー・カズーリー(長野市長野岩石町342)

https://obizaru.wixsite.com/kazuri/pastries

このブログのトップへ