ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 食と農業 > 生でもおいしいあんずの出荷が始まりました!

生でもおいしいあんずの出荷が始まりました!

農政課の果物担当Yです。

長野市松代地区と千曲市を中心に栽培されている「あんず」が収穫時期を迎えています。

千曲市のJAながの森集出荷所では、6月16日から早生種の「平和」の出荷が始まりました。

「あんず」というとシロップ漬けやジャムなど加工して食べるものと思われる方が多いのではないでしょうか?

実は生で食べてもおいしい品種もあります。

6月末から旬を迎える「ハーコット」という品種は、生のまま食べられます。果汁たっぷりで酸味が少なく程良い甘味があり、冷やして丸かじりするのがおすすめです。

千曲市ではJAなどと連携し、ハーコットのブランド化を図るため、「ちくまハーコット推進協議会」を今年3月に設立して、PRや販売推進に取り組んでいます。

大きさや糖度など一定の基準を満たしたものをプレミアムハーコット「杏月(きょうづき)」と名付け、本年度から試験的に販売を開始します。

詳しくこちらをご覧ください。

http://www.city.chikuma.lg.jp/harcot

あんずは千曲市内のJAながの直売所、Aコープ店及びJAグリーン長野Aコープ松代店、松代農業総合センター直売所などで購入できます。7月上旬までしか食べられない旬のあんずを、ぜひご賞味ください。

 

 

このブログのトップへ