信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 講座/イベント情報 > 報告 > 新たな「森林(もり)の里親協定」が締結されました!

新たな「森林(もり)の里親協定」が締結されました!

新たな「森林(もり)の里親協定」が締結されました!
~(財)三五会と伊那市西春近自治協議会~

 東京都立北園高校の校友会である(財)三五会と伊那市西春近自治協議会は、5月12日に伊那市の「伊那スキーリゾート」において、5年間の「森林の里親協定」の調印式を行いました。今後、(財)三五会が伊那市西春近地域の森林整備を支援するとともに、西春近自治協議会は、北園高校の生徒の森林づくり体験や奉仕活動等を受け入れます。

 高校生の自然体験教育を目的とする「森林の里親協定」は県内でも初めてのケース。北園高校2年生320名は、調印式に先立って、5月10日には伊那市内で高山植物をシカから守るための防護柵の設置を体験しました。11日には、間伐材を使った「樹名プレート」等の製作に取り組み、調印式当日は、地元の皆さんとともにサクラの植樹も実施。地域材を利用した楽器の製作・演奏など、地元の皆さんとの交流も深まりました。
 今後、両者の交流がますます深まり、地域の森林もどんどん元気になることが期待されます。

<本件に関するお問い合わせ先>
上伊那地方事務所林務課普及係
TEL:0265-76-6825
FAX:0265-76-6828
E-mail:kamichi-rimmu@pref.nagano.lg.jp


地元食材をふんだんに利用した昼食に舌鼓


雨の中、シカ防護柵の設置作業を体験しました。


木製プレートを製作中です。


なかなか切れません!鍋敷の製作です。


サクラの記念植樹。花の時期にまた訪れたいです。


自ら作成した木製楽器(ユカイナ)による演奏披露。きれいな音色でした。


調印後の固い握手
(左から白鳥伊那市長、橋爪自治協議会長、蓮沼三五会理事長、市川上伊那地方事務所長)

このブログのトップへ