い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 箕輪西小学校みどりの少年団が本立てを作りました

箕輪西小学校みどりの少年団が本立てを作りました

箕輪町立箕輪西小学校みどりの少年団では、春には「キノコの駒打ち」「植栽」「獣害防止のための薬塗り」、秋には「間伐」「枝打ち」と、1年を通じて森林・林業体験を行ってきました。

12月2日(火)には木を使う活動として、本立てづくりが行われました。
O

これまでのみどりの少年団活動の様子は、こちらをご覧ください。

第1回目の活動:https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/local_office/38.html
第2回目の活動:https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/local_office/7.html
第3回目の活動:https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/local_office/7956.html

 
はじめに、この活動を支援している上古田団地推進協議会の唐澤さんから、活動の目的などを話していただきました。

みんな真剣に話を聞いていました。

O

使用する材料は、上伊那森林組合で加工された、上伊那産のスギの板です。

一人ひとりに材料が配られて、嬉しそうです。

O

 
本立てづくり開始です。最初は、先生や地域の皆さんに手伝ってもらったり、友達と協力したりして作りました。
O

O

O

 
徐々に作業にも慣れてきて、一人で釘を打つことも出来るようになりました。
O

 
自分の本立てが出来上がり、学校用に2つ目も作りました。

ほとんどの児童は、カナヅチで釘を打つ経験が少なかったので、最初は「トントン」とゆっくり打ち付けていましたが、2つ目を作るときには、教室中に「バンバン」「ドンドン」という音が響き渡っていました。
O

1 2

このブログのトップへ