い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 箕輪西小学校みどりの少年団で植樹活動

箕輪西小学校みどりの少年団で植樹活動

【上伊那の森林レポート】

箕輪町立箕輪西小学校みどりの少年団が、5月22日(木)に、毎年恒例の植樹活動を行いましたので、その様子をリポートします。

活動の前に、地元の「上古田区」、「西山会」、「みんなで支えるふるさとの森林づくり上古田団地推進協議」の皆さんが、植穴掘りや支柱づくりなどの準備を行ってくれました。

活動したのは4年生の12名で、学校から約20分歩いて会場に到着しました。

到着した時には、チョットだけお疲れ気味でした。

この日、植栽したのは、ヒノキ50本とコナラ10本です。ヒノキは毎年植栽していて、これまでに植えた木は、子どもたちの背丈を超えるくらい大きく育っています。

それぞれ道具や苗を受け取って、植栽準備完了!
早速、活動を開始します。


苗が真っ直ぐ植わるように、支えながら土をかけます。

土をかけたら、苗木が倒れないように周りを踏みます。

最後に支柱を立てて、苗木をひもで固定します。

大人の皆さんにも手伝っていただきながら、全ての苗木を植えることが出来ました。
コナラには、草刈りの時に間違って切ってしまわないように、ピンクの目印も付けました。

みんなで記念撮影。作業が終わって、みんな、充実した顔になっていました。

おまけ・・・

1 2

このブログのトップへ