い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 地域振興局 > 箕輪西小学校みどりの少年団が間伐を体験

箕輪西小学校みどりの少年団が間伐を体験

箕輪町立箕輪西小学校みどりの少年団で、今年3回目の森林づくり学習が、10月20日(月)に箕輪町上古田の「みどりの少年団の森」で行われました。

O
第1回目の活動の様子は、こちらをご覧ください。↓
   https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/local_office/38.html
第2回目の活動の様子は、こちらです。↓
   https://blog.nagano-ken.jp/kamiina/local_office/7.html

 この活動は、みどりの少年団の皆さんに森林への理解を深めてもらうため、地元の「西山会」と「みんなで支えるふるさとの森林づくり上古田団地推進協議会」の皆さんにより、「緑の募金公募事業」を活用して行われています。

安全作業のためのヘルメットとノコギリを身につけて、準備完了です。
O

早速、ノコギリを使ってヒノキの間伐を行います。

このヒノキは、7年ほど前に当時のみどりの少年団の皆さんが植栽したものです。
O

初めて立木を伐るとは思えないほど、上手にノコギリを使っていました
O

間伐をして、残ったヒノキの枝打ちも行いました。
O

高い枝は柄の長いノコギリを使いました。
O

作業終了後には、林内がこんなに見通しが良くなり、明るくなりました。
O

続いて、第2回目の活動で植栽したヒノキが野生動物に食べられないように、一本一本、丁寧に薬を塗りました。
O

箕輪西小学校みどりの少年団の皆さんが、これからも森林と触れ合う活動を続けていってほしいと思います。

 

上伊那地方事務所 林務課からのレポートでした。

1 2

このブログのトップへ