「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > 佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その4終:御代田町)

佐久地域移住体験ツアーを実施しました!(その4終:御代田町)

※2月4~5日に行われた「佐久地域移住体験ツアー」の様子を4回に分けてお伝えしています。

この記事では、2日目午後の御代田町での様子をお伝えします。

御代田町

小諸市から国道18号線を御代田町方面に向かいます。

お昼も近くなったところで、「ココラデ御代田店」でお昼を買いました。

こちらはパンで有名なお店で、町外からも多くの方が訪れます。

夏の晴れた日には浅間山が一望できるテラスで、パンとコーヒーを楽しむことができるのですが、あいにく雪が舞っていて浅間山を見ることはできませんでした。

ココラデの詳細はこちらから。

購入したパンを食べながら、「エコールみよたで先輩移住者との懇談をしました。

DSC05417

御代田町の先輩移住者は、一度佐久地域の他市町村に2年間住んだ後に、御代田町に16年住んでいるという方で自らNPO法人を立ち上げ、町を元気にする活動に取り組んでいます。

御代田町の魅力を50音で綴った「みよたかるた」を制作されています(詳細についてはこちらから)。

御代田町は20分あれば何でもできる」というのが魅力で佐久、小諸、軽井沢へのアクセスが良いことをアピールしていました。しなの鉄道や北陸新幹線の駅にもアクセスが良いため、首都圏で1~2時間かけて通勤することを考えれば、70~80分で首都圏にアクセスできる佐久地域も十分通勤圏内になります。

また 御代田町は県内でも数少ない「人口が増加している」まちだという説明もありました。

バス内では町職員が町の紹介をしていました。

バスからは降りずに車内での説明でしたが、龍神まつりの会場となる龍神の杜公園(りゅうじんのもりこうえん)雪窓公園(せっそうこうえん)御代田小学校林児童館を見学しました。

DSC05413

そしてカーリング体験のために、「カーリングホールみよたに向かいました。

こちらのカーリング場、つい先日も、現在放送されているドラマ「カルテット」の撮影があったり、

ゴールデンタイムのバラエティのロケがあったりと、有名人が多く来ているようです。

もしかしたらサインを見ることができるかも!

カーリングホールみよたの詳しい説明についてはこちら

皆さんカーリングは初体験ということで、テレビでよく見るカーリングよりも手軽にできる

「スティックカーリング」にチャレンジしてみました!

DSC05418

スタッフの方の説明を聞いて、靴を履き替えます。

氷上は滑りやすいので、特にお子さんは気をつけて歩かないといけないですね。

DSC05428

石を投げるときに、かがむのではなく立ったままストーンを投げるのがスティックカーリングの特徴です。

かがんでストーンを投げるのは大変難しいですが、これならバランスを崩さず投げることができます。

隣のレーンでは車いすに乗った方々のチームがスティックカーリングをしていましたが、

障がいがある方もない方も同じように楽しめるのがスティックカーリングの良さかもしれません。

もともと工場だった場所を改装してカーリング場にしており、3面あるレーンはラインが

引かれているだけなので、隣のレーンにストーンがいってしまう可能性もあります。

そうならないように、お父さんお母さんとお子さんが一緒にスティックを握って慎重にストーンを投げていたのが微笑ましかったです。

DSC05438

カーリング施設は県内でもここを含めて3ヶ所(他は軽井沢、岡谷)しかなく、参加者の方も めったにない機会ということで楽しんでいたようでした。

こうして盛りだくさんだった2日間の行程が終わりました。

バスの中ではお子さんたちがぐっすり眠っていました。疲れがたまっていたのかもしれません。

JR軽井沢駅にて解散となり、ツアーは終了となりました。

★御代田町(みよたまち) 移住相談先

御代田町企画財政課 TEL:0267-32-3111(代表)

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

4回にわたって「佐久地域移住体験ツアー」の様子をお伝えしてきました。

今回は4世帯16人の子育て世代のご家族に参加していただきましたが、単に移住に興味があるというだけでなく、具体的にいつまでにどこに移住しようかと考えている段階で、皆さんの意識の高さを感じました。

移住することで100%希望が満たされるわけではないと思いますし、移住したことで新たな悩みや不安が発生することもあるかもしれません。

大事なことは、事前にわかりうることは調べて自分で納得することと、移住した後に何かあっても「自分で決めたんだから!」と覚悟をもって生活することなのかな、と考えさせられました。

そのために私たち職員に何ができるのか、これからも考えていきたいと思います。

LINEで送る

このブログのトップへ

CLOSE