「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

千曲川源流に行ってきました!

こんにちは。総務管理課のWです。
暑い日が続いていますね。日本中で記録的な暑さが続く中、千曲川の源流まで行ってきました。

 

皆さん、千曲川の源流が川上村にあることは知っていますか?
千曲川は、埼玉県、山梨県、長野県の県境にある甲武信ヶ岳が起点となっています。
スタート地点の川上村毛木平でハイキングコースを確認。

 

今回は頂上の甲武信ヶ岳までは行きませんが、千曲川源流まででも標高が2200mあるため気合を入れて出発します。

 

しばらくは千曲川に沿って進みます。
きれいな景色に目を奪われてしまい、なかなか前に進みません…。

 

何度か足を止めながら、源流まで4キロの地点までたどり着きます。
このあたりから本格的な山道になってきます。

 

渓流沿いを進むため、暑い日でも涼しく登れます!

ただ、川から離れると一気に暑さを感じます…
山道が続き、だんだん写真を撮る余裕もなくなってきました。

 

1時間半ほど歩くと、中間地点のナメ滝に到着します。
滝の音に癒されながら一休みします。

 

まだここにいたい…という思いを振り切り再びスタートです。
だんだん川が細くなっていき、源流への期待感が高まります。

源流に近づくにつれ、きれいな苔も楽しめます。

 

出発から3時間程度で千曲川源流にたどり着きました。
源流を示す大きな標が立っています。

 

源流標から少し下ったところに水が湧いていました。

 

源流の水をペットボトルに入れて飲むと…とても冷たくて美味しかったです!
また、水を沸かしてコーヒーをいただきました。

頑張って登ってきたからか、源流の水が美味しいのか、一段と美味しいコーヒーでした!

 

甲武信ヶ岳には1時間半ほどでつくようでしたが、ここで下山します。帰路は同じ道でしたが、往路とは違った景色が見られて新鮮さもありました。

帰路は2時間ほどで毛木平まで帰ってくることができました。

千曲川の源流までは長い山道が続きますが、源流で飲む水は格別です!
皆さんもぜひ一度行ってみてはいかがでしょうか?

 

佐久地域振興局総務管理課
0267-67-3131

このブログのトップへ