信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

架線集材が注目されています

林業総合センター指導部です

山奥から木材を運び出すために、ワイヤロープを空中に張り上げ、集材機を使って運び出す架線集材が不可欠です。
しかし、この作業では木材を空中につるしながら、山奥から道端まで運ぶため、安全作業に十分配慮する必要があり、「林業架線作業主任者免許」を保有した「林業架線作業主任者」を選任しておくことが義務付けられています。
林業総合センターでは、林業架線作業主任者免許の取得に必要な知識や技能を学ぶ「林業架線講習」を実施しており、今年度も9月4日から始まりました。
001











講習では、林業架線の動きを理解することが必要なことから、まずは模型を使って構造を理解します。この後、実際に架線の設置撤去や集材装置の運転、さらには安全に木材を山から下すために必要な力学的な計算など14日間にわたって、作業主任者が覚えておくべき多くの項目を学び、最終試験に合格すれば修了証が交付されます。

急峻な山に囲まれた長野県では、山の中に道を開設できない場所も多く、架線による集材は必要性が高いのが実態です。架線による集材作業は、木材を搬出するための架線を山の中に張り巡らすため、架線の設置・撤去に手間がかかってしまい、作業効率の面で課題があります。そこで、林野庁でも機械メーカーと共同で、架線作業の効率を高めるための機械の開発を進めています。
このほど、平成26年度から開発を進めてきた改良型の自走式搬器が製品化され、県内で試験操業が行われているというので、現場へ出かけてきました。
002












自走式搬器とは、木材を運び出す搬器にエンジンを取り付けて、リモコンで操作するもので、35年ほど前から使われています。一般的な集材機に比べて、設備が簡単で設置や撤去にかかる手間が少なく、作業の人員も少なくて済みますが、吊り下げ能力が低いことや移動速度が遅いことが課題で、短距離の利用がほとんどでした。
今回の製品では木材の吊り下げ能力や搬器の移動速度を向上させることで、搬出作業の効率化を図った製品が完成し、試験操業が県内で行われているとのことから、作業の工程を調査してきました。
003








今回開発された自走式搬器は、搬器の移動速度が速くなっただけでなく、自動停止装置の搭載などの新機能が沢山盛り込まれています。試験操業を行っていたのは、普段から自走式搬器での搬出作業を行っている県内事業体の方でしたが、作業中に作業員さんからお話を伺うと「スムーズに仕事が早く進むので、とても良い。試験操業期間が終わってしまうと、現在使っている機械に戻ってしまうので切ない。」とのことでした。

今回の作業現場は、本来の目的である急傾斜地ではなく、比較的なだらかな場所での集材作業ということで、機械の本領発揮ということにはならなかったかもしれませんが、従来型の自走式搬器に比べると、かなり効率がよいのではと思われました。

本県のように急峻な地形に囲まれ、道路の開設が難しい場所では、架線による集材作業も必要です。
架線集材に関しては、以前のブログで紹介したように昔ながらの集材機がまだまだ現役で使われてはいるものの、今回ご紹介した自走式搬器のほか、下の写真にあるようなリモコン操作が可能で操作性も向上した新型の集材機も開発されるなど、急傾斜地における機械の開発も徐々に進んでいます。
004












架線集材を本格的に進めていく時には、林業架線作業主任者の選任が必要となりますので、架線集材作業に携わっていかれる技術者の皆さんには、来年度以降の講習への参加をお待ちしています。

〈本件に関するお問い合わせ先〉

林業総合センター指導部

TEL:0263-52-0600

FAX:0263-51-1311

メール:ringyosogo@pref.nagano.lg.jp

LINEで送る

このブログのトップへ