信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

ちさんマンを作ってみた!の巻

森林づくり推進課のたぬ吉です。

夏休みを利用して、治山事業・山地防災推進用キャラクター「ちさんマン」を作ってみました。がははっと、めんどうな本人が登場する前に、サクッと紹介します。

ちさんマン
 

 

 

 

 

 

これが、最近世間を賑わしている、ちさんマン。

100均ショップで粘土を購入(玩具コーナー!)、適当にこねこねしてると・・・

原型
 

 

 

 

自立させるのに相当苦労しましたが、何とかそれらしくなりました。ただ、頭部を後から合体させたので、おとなしくくっついていてくれるか不安・・・とりあえず一週間ほど乾燥させることに。

色塗り1 (1)
 

 

 

 

不安は的中。一週間後、絵具で色塗りをしている最中に、頭部がとれました!

気を取り直して、そこらへんにあった楊枝を刺してみたら、芯はまだやわらかく、簡単に接続パーツとして機能。

色塗り2
 

 

 

 

さらに色を塗って・・・

 

パーツ完成
 

 

 

 

 

マントは、やはり100均ショップでフェルト生地のものを購入(手芸コーナー!)。

合体(パイルダー オン!)。

完成1
 

 

 

 

 

 

完成2
 

 

 

 

一応、首も回ります。材料費は、粘土100円×2、フェルト生地100円、合計300円也。

 

「おいおい、ちょっと待ったあー!」

フライングちさんマン
 

 

 

 

 

(あ、めんどうな奴がきちゃった・・・)

「おいらは、そんなにメタボな体形ではないぞ!がはは。」

(こんなもんだろう・・・)

「それにしても、おじさんが100均ショップの玩具コーナーや手芸コーナーで材料を物色している姿を想像するだけで涙がでてくるなあ!がはは。」

(笑ってんじゃん・・・)

「これで一気に、着ぐるみ化が現実味を帯びてきたな!がはは。」

(無理に決まっているだろう・・・でも、できたらいいなあ。)

職場でちさんマン
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ