是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 味・食文化 > 健康な食生活を送るきっかけに!毎月第3木曜日は木曽合同庁舎食堂「健康づくり応援弁当」の日⑤~塩分を控えよう~

健康な食生活を送るきっかけに!毎月第3木曜日は木曽合同庁舎食堂「健康づくり応援弁当」の日⑤~塩分を控えよう~

こんにちは 健康づくり支援課のNです。

6月15日の木曽合同庁舎食堂「健康づくり応援弁当」をご紹介します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

 

 

 

 

 

健康づくり応援弁当はここが違います
 「カロリー控えめ」エネルギー692kcal
 「野菜たっぷり」野菜の使用量160g
 「塩分控えめ」食塩量2.8g

【メニュー】
・鶏肉のチンジャオロース ・水菜とキャベツのおかか和え ・なすとかぼちゃの焼きびたし

管理栄養士のコメント

おかか和えは、かつお節の旨味で、しょう油が少なくても美味しくいただけます。
野菜は季節の青菜、白菜等なんでも
焼きびたしは、香味野菜の生姜がきいて、味にメリハリがつきます。

レシピはこちら→レシピH29-6docx.

今月も美味しくいただきましたごちそうさまでした。

 

ところで今月は「食育月間」です。
ただいま合庁ロビーにおいて、食育に関するパネル展示をしています。
ご覧いただけると、とても嬉しいです
 

パネル展示 「食育」とは、さまざまな経験を通じて、「食」に関する知識と、バランスの良い「食」を選択する力を身につけ、健全な食生活を実践できる力を育むことです。食べることは生涯にわたり続きますので、子どもはもちろん大人になってからも「食育」は大切です。

 

 

 

 

パネルの前に立ち、「今どき県民食生活事情 平成25年度県民健康・栄養調査結果から」を見ると

長野県民は食塩をとりすぎている!

県民の成人1人1日当たりの食塩摂取量の平均値は、男性11.3g 女性10.0g
生活習慣病予防の観点からの目標値は、男性8g未満 女性7g未満ですが、男女とも約9割の方が食塩をとり過ぎています。

食塩は、しょう油、味噌、塩などの調味料から6~7割をとっている!

普段の食事を見直し、健康で長生きしましょう
「食事のときは汁物がほしい」     →「汁物は具だくさんに」
「麺類のスープは全部飲む」      →「麺類の汁は全部飲まない」
「味をみないで醤油やソースをかける」 →「まずはひと口味をみて」
「調味料はたっぷりかける」      →「かけ醤油は控えめに 素材やダシのうまみを楽しもう」
「漬物がないと物足りない」      →「浅漬けでも量を控えて」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ