ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > その他 > 北信五岳の一つ斑尾山に登りました!!

北信五岳の一つ斑尾山に登りました!!

長野保健福祉事務所のヤマキチです。北信五岳の中で標高が1382mと一番低い斑尾山に登りました。善光寺平周辺の里山と大差ない標高の割には、独立峰のため中々立派な山容をしています。戸隠山を除く他の北信五岳と兄弟で、できた時期が古いため浸食等が進み、他の山より標高が低くなっているそうです。登山は林道を使った信濃町荒瀬原からのコースで、今年の猛暑の中登るため、朝の早い時間帯から登り始め、午前のおやつの時間には下山します。
車でその林道に入ろうとすると、土砂崩落のため通行止めの旨の案内があり不安がよぎりましたが、とりあえず行けるところまで行くことにします。無舗装の道は長く感じましたが、通行止めの場所もなく、登山口へ到着し、準備して出発します。まずは、斜面をジグザグ登り、釜石山に到着します。

(釜石山)

 

釜石山からは、はじめ緩やかで途中から急登となる尾根を行きます。蟻の塔渡りという場所を通り、岩が露出している場所を少し登って大明神岳へ到着します。このコースは信越トレイルの南側の起点となっていますので、道中随所にその標識の矢印が出てきます。また、笹刈りも十分でよく整備されています。

(信越トレイルの標識)

(ガマズミ、緑の中に唯一の赤色)

(緑一色の縦走路)

(蟻の塔渡りの標識、植物の力は偉大なり。)

(オトギリソウ)

大明神岳は尾根上の小ピークで、明るく特に西側の野尻湖方面の眺望が勝れていますので、一休します。盛夏で空気中の水蒸気が多く、眺望が霞んでいるのが残念。

(大明神岳)

(大明神岳からの眺望、左から飯綱山、黒姫山、妙高山)

(野尻湖と黒姫山)

 

大明神岳から斑尾山山頂へは、緩やかに一登りして到着します。この辺は、ブナの木が多く、幹のまだら模様がとてもきれいで、ひょっとしてこのことから斑尾山という名になったのかなあと思ったりします。

1 2

このブログのトップへ