ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

長野地域の花き紹介~その3~

こんにちは。農政課のしゃっぽです。
長野地域の花き紹介第3弾は、“シャクヤク”です。
しゃくやくDSC_0272
5月15日(金)から長野合同庁舎正面玄関受付に展示しています。
今回は、JAグリーン長野管内の長野市若穂で生産されたシャクヤクです。
展示した品種は次の5品種です。
赤:小島の輝  濃いピンク:夕映  ピンク:サラベル、富士  白:ラテンドール
しゃくやくDSC_0273
シャクヤクは、豪華且つエレガントな花を咲かせ、香りもよく、高貴な美しさを漂わせています

昔から美人を形容する例えとして「立てばシャクヤク、座ればボタン、歩く姿は百合の花」と言われていますよね。

シャクヤクはボタン科の多年草で、冬季に地上部(茎や葉)が枯れ、根の状態で休眠します。
日本には、平安時代の頃に薬草として伝えられたそうです。その後は観賞用として多数の品種が作られてきました。日本独自の「和シャクヤク」に欧米からの「西洋シャクヤク」が加わり品種改良がされ、数多くの品種が作られています。花形や花色が多彩で、花壇でも切り花としても楽しめることから人気が高いです。

JAグリーン長野さんによると、管内では、長野市若穂を中心に、更北、篠ノ井、大岡と生産者が増えていて、現在は40名いらっしゃるそうです。
ここ数年新たに栽培に取り組む方が増えているので、将来的に楽しみな品目だそうです。

大岡で3年目のほ場です。
IMG_0067-thumb-200xauto-1669[1]
シャクヤクの栽培ポイントは、わき芽を撤去し1茎1花にすることと収穫後の防除作業だそうです。
わき芽撤去作業の様子
しゃくやく花 021 IMG_0070-thumb-200xauto-1670[1]

今年の出荷は5月3日にスタートし、出荷ピークは5月16日頃で、6月10日頃まで出荷されているそうです。
今年の生育状況は、初期の頃は低温日照不足で遅れ気味だったのが、4月中旬以降に高温が続いたことで一気に生育したそうです。
今が出荷最盛期!出荷は固いつぼみの状態で。
IMG_0127-thumb-200xauto-1679[1]

長野地域のシャクヤクの生産量は、平成26年は11万本でした。JAごとの内訳は、JAグリーン長野が5万5千本、JAちくまが3万9千本、JA須高が1万6千本です。

色鮮やかなシャクヤク。見事ですね~

しゃくやく夕映

このブログのトップへ