ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

「税を考える週間」が終わりました

 こんにちは、税務課Aです。face02
 「税を考える週間」が終わりました。
 「税を考える週間」は、毎年11月11日から17日まで実施されます。日本に60数種類ある△△週間のひとつですが、以前は「税を知る週間」という名前で昭和49年から実施されていました。
 平成16年に「単に税を知るだけでなく、国民各層がより能動的に税の仕組みや目的を考えてもらい、国の基本となる税に対する理解を深めてもらうことを明確にするため」という理由により、現在の名称に変更されています。
 当課では、この期間に「税を知り、考えていただく」ために次の事業を実施しました。


◇ 11月9日(金)に長野市三本柳小学校の6年生を対象に「租税教室」が開催され、講師として授業を行ってきました。(詳細は、11月13日にブログで報告させていただきました。)

◇ 11月8日から14日まで長野東急で開催された「税」についてのパネル展に県税についてのパネル展示を行いました。

◇ 11月16日(金)県の税務行政に功績のあった次の5人の方々に長野地方事務所長から知事感謝状の伝達を行いました。

  長野地区納税貯蓄組合連合会常任理事     宮島 竹子 様
  社団法人長野法人会副会長          神林  章 様
  関東信越税理士会長野県支部連合会常務理事  鈴木 秀一 様
  須坂市総務部税務課市民税係長        鈴木 昌也 様
  長野市財政部市民税課主査          北島 伸一 様

 これからも「税」についての情報を発信しますので、皆さんも身近な税から考えてみませんか。face06

このブログのトップへ