ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

解禁!「雪ねむりそば」

農政課のコトトロです。

「雪ねむり」シリーズの第3弾です。
前回ご紹介した“雪ねむりりんご”は、大好評につき5月下旬に売り切れたそうです。face08

替って、同じく雪室で2月から貯蔵熟成させたそば粉を使った「雪ねむりそば」の提供が、飯綱町の「そば処 よこ亭」で6月21日から始まりました。face02


雪室内で貯蔵熟成中の玄そばです。

そば処よこ亭です。

11時開店の3分後に到着しましたが、すでに駐車場には県外ナンバーの車が数台停まっていました。
早速、「雪ねむりそば」を注文。icon06

二八そばで、色は比較的白く、やや細めで上品な味のそばです。おいしくいただきました。普通のそばと食べ比べてないのでわかりませんが、お店を運営する飯綱町ふるさと振興公社の話では、雪室で貯蔵すると、「でんぷんを糖に代える低温糖化が起き甘みが増す。」のだそうです。icon01
このお店は東側が開けていて天気が良ければ、遠く志賀高原の山並みが見られるのですが、訪れた日はあいにくの曇り空でした。icon02

さて、お会計です。レジに「雪ねむりそば」の紹介がされていましたが、残念ながら他には見当たりませんでした。

1 2

このブログのトップへ