ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

信州打刃物を展示しました

商工観光課のじいじです。

長野合同庁舎1階、県民ホールに国指定の伝統工芸品「信州打刃物
を展示いたしました。
(信州打刃物の以前紹介記事、こちら

信濃町の伝統工芸士による 鎌・なた・包 です。

じぎり(地鉄から鋼を接合する作業)⇒焼入れ
⇒柄すげ(形状に合った柄を取り付ける)  まで、

職人の経験と技が生み出した作品です。

特徴として

1 地鉄に極軟鋼、刃鋼に純度の高い炭素鋼を用いており、焼入れ、焼
  戻し処理のため適度な硬さと粘りがあり強じん

2 刃巾が広く、入念な仕上げのため長持ちし、砥石等で簡単に砥げ
  る。

3 草の根元からきれいに刈れ、刈り取った草が手元へ寄ってくる
  使いよさがある。

是非、この機会にご鑑賞を!

また、このすばらしい「信州打刃物」を
使用してみてはいかがでしょうか。

1 2

このブログのトップへ