ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > ほっとスタッフブログながの > 長野地域振興局 > 【野球県大会】長野地域振興局が初V、健康福祉部との接戦を制す

【野球県大会】長野地域振興局が初V、健康福祉部との接戦を制す

こんにちは!総務管理課の野球好きです。

今日は野球のお話です

プロ野球では日本シリーズを開幕目前に控え、盛り上がりを見せていますが、約1か月前の9月22日(土)須坂県民運動広場において、野球好き県職員にとっての一大イベント「職員球技大会(野球の部)県大会」が開催されていました。

参加チーム一覧

東信代表 佐久建設事務所・東信教育事務所合同
南信代表 諏訪地域振興局・諏訪建設事務所合同
中信代表 松本地域振興局
北信代表 長野地域振興局
本庁代表 健康福祉部
昨年度優勝チーム 建設部

地区予選を勝ち抜いてきた5チームに昨年度優勝チームを加えた6チームによるトーナメント戦。強豪同士による熱戦が繰り広げられました。

その結果をレポートします!


・1回戦(第1試合)※5回コールド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
健康福祉部 2 1 1 1 3 / / 8
佐久建設事務所・東信教育事務所合同 0 0 0 0 0 / / 0

小雨が降る中迎えた開幕ゲーム。健康福祉部チームの打線がつながり、毎回得点を記録。佐久建設事務所・東信教育事務所合同チームも随所にいいプレーが見られましたが、健康福祉部チームに軍配が上がりました。


・1回戦(第2試合)※6回時間制限

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
松本地域振興局 0 1 0 0 0 1  / 2
諏訪地域振興局・諏訪建設事務所合同 0 0 1 0 1  / 3

最終回までもつれた好ゲーム。松本地域振興局チームが1点を返し同点に追いつき、このままじゃんけんで勝敗を決することになるのかと思われたその裏、諏訪地域振興局・諏訪建設事務所に2アウトからタイムリーが飛び出しサヨナラ勝ちとなりました。ナイスゲーム!


・準決勝(第1試合)※5回時間制限

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
建設部 0 0 0 0 2 / / 2
健康福祉部 0 0 4 4 × /  / 8

前年度優勝の建設部チームと強豪健康福祉部チームの注目の一戦。中盤、集中打で健康福祉部チームが突き放し、試合を決めました。建設部チームも最終回に粘りを見せましたが、一歩及ばず。健康福祉部チーム、決勝進出!


・準決勝(第2試合)※5回コールド

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
長野地域振興局 5 0 0 0 3  /  / 8
諏訪地域振興局・諏訪建設事務所合同 0 0 1 0 0  /  / 1

 

長野地域振興局チームは初回、四死球でためたランナーをタイムリーで返す効率的な攻撃で5点先制。諏訪地域振興局・諏訪建設事務所合同チームもチャンスは作ったものの決定打が出ず。長野地域振興局チーム、決勝進出!


・決勝

チーム名 1 2 3 4 5 6 7 合計
健康福祉部 1 0 0 0 0 0 0 1
長野地域振興局 1 0 0 1 0 0 × 2

朝方の雨が嘘のように晴れ、青空の中行われた決勝戦。両チーム初回に1点を取り合うものの、その後なかなかチャンスを作れず。4回裏、わずかな隙を見逃さず長野地域振興局チームが勝ち越し。しかし健康福祉部チーム、簡単には終わりません。最終回、2アウトランナーなしから2連打で一打逆転のチャンスを作ります。迎えるバッターは初回にランニングホームランを放った1番打者。会場がこの日一番の盛り上がりを見せるなか、投じられた2球目、高く上がった打球はこの回から守備についたレフトのもとへ。会場全体が静まり返り、両軍が固唾を飲んで見守る中…レフトのS選手、ナイスキャッチ!

この瞬間、長野地域振興局チームの県大会初優勝が決定しました!!

9年ぶりの県大会出場にして悲願の初優勝!県内総勢32チームの頂点に立ちました!


 

ここで、優勝監督、主将からコメントいただきましたのでご紹介します。

【A 監督】

野球の職員球技大会で悲願の初優勝を成し遂げることができました。

今年は、かつて高校野球を経験した優秀な新規職員が入部し、戦力が大幅にアップするとともに、6月からは毎週、犀川グランドで練習を重ねてきました。

各試合で、それぞれが自分の役割を全うし、チーム一丸となって勝ち取った栄冠です。

この間、側面から支えていただいた皆様方に、改めて感謝を申し上げます。

【K 主将】

応援してくださった皆さん、ありがとうございました。

今年の夏はとても暑く、炎天下の中での練習や試合は大変でしたが、多くの部員が積極的に活動に参加してくれたことで、いいチームへと成長することができました。

若手職員も多いチームのため、この成績が2年、3年と続くように、今後も頑張りたいと思います。

 


最後になりましたが、審判員を務めてくださいました長野県軟式野球連盟のお三方および選手の皆さまのご協力のおかげでこの大会を無事に終えることができましたこと、心からお礼申し上げます。

ありがとうございました!

 

このブログのトップへ