信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 長野県の森林政策 > 森林税 > 平成21年度長野県森林づくり県民税の活用(その7)

平成21年度長野県森林づくり県民税の活用(その7)

第7回目となる今回は、「みんなで支える森林づくり推進事業」について説明します。

県民等に対し、長野県森林づくり県民税の仕組みや事業内容について周知を図るとともに、森林づくりに対する意識の醸成を図る。

ホームページ(7ページ目参照)掲載されているのですが・・・。

簡単に申しますと

森林づくり県民税がどのように使われたのか?県民の皆様にお知らせする

ということです。

平成21年度は以下のとおり実施しました。

1 森林づくりレポート等の作成・配布
平成20年度の税活用事業による取組をまとめた「森林づくりレポート」を公表し作成し、市町村等に配布しました。
このほか、「広報ながのけん」の5月発行号での特集記事や、テレビでのスポットCM、テレビ番組への情報提供など各種メディアを活用した広報活動を行いました。

森林づくりレポートはこちらから


テレビCMはこちらから

2 森林づくり実感・体験ツアーの開催
 森林づくり県民税を活用した取組等を多くの県民の皆さんに御覧いただき、理解を深めていただくことを目的に、県内10地域ごと、10月、11月に森林づくり実感・体験ツアーを開催しました。
 また、県民税を活用した事業地の見学ばかりでなく、地域の木材をふんだんに使用した住宅の見学会や森林セラピー体験と組み合わせたツアー等工夫を凝らした催しにより、800人を超える方々に参加していただきました。

3 木製PR看板等の設置
税活用事業の取組を実際にご覧頂けるよう、モデルとなる森林を県内各地で設定して整備を実施し、間伐材を活用した木製看板や横断幕の設置を行い、さらには講習会や見学会等を開催し、県民の皆様への理解や里山整備についての地域への普及を図っております。

「森林を所有していて、是非、森林整備をしたい」、「この事業のお問い合わせ」など、お気軽に最寄りの地方事務所 林務課 普及係又は普及林産係までどうぞ。

このブログのトップへ