信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 長野県の森林政策 > 平成25年度ふるさとの森林づくり賞等の表彰式を開催しました

平成25年度ふるさとの森林づくり賞等の表彰式を開催しました

 平成26年1月15日(水)、長野県林業センターで、「平成25年度長野県ふるさとの森林づくり賞・林業関係ポスター等コンクール」の表彰式が行われました。

 この表彰式は、本県の森林・林業の振興に貢献され優れた実績をあげられた方、並びに、林業関係ポスター等コンクールにおいて、優秀な作品を制作された方の功績を称えるために、毎年開催されているものです。

 表彰式には、賞に推薦・応募いただいた方の中から、36名の皆さまに御出席をいただき、賞状の授与等が行われました。

(会場の様子)

 本年度のふるさとの森林づくり大賞は、「ダイドードリンコ株式会社 中部第一営業部」様が受賞されました。会社として環境活動に熱心に取り組まれ、平成15年には「森林(もり)の里親促進事業」の契約第1号となり、朝日村において、地域住民との交流を深めつつ、10年間にわたり地域の森林整備に資金面やボランティアとして支援されてきました。
 昨年12月には、更に10年間の契約延長が決まり、引き続き地域の森林づくりに取り組まれます。

(和田副知事から野寄人事総務課長様への賞状の授与)

 今回の表彰では、食や環境などの現代の問題から森林に興味を持った高校生が、身の回りの課題と考え、地域の食材としてのきのこ料理や地域の森林整備・木材利用について、地域の生産者や住民の協力を得ながら研究した取組も表彰されました。
 
 当日の表彰式には、小海高等学校の生徒が製作した、里山再生のイメージキャラクター「パクム」も登場! 会場の皆さんを和ましてくれました。

(授賞の様子)

〈名前の由来〉
 小海高校が標高896(パクム)メートルの地に
 あることにちなんでいます。
 

 また、自然豊かな森林の素晴らしさやツキノワグマなどの野生動物との共存への理解を促すなど、森林環境教育推進に貢献された「ピッキオとブレット」様が表彰されました。
 
 ピッキオの一員としてクマ対策に活躍し、地域の子供たちにも愛された「ブレット」くんが昨年4月に急逝されたとのことで、その功績も併せて称えられました。

(授賞の様子)

 改めて、県内外の様々な方が関っていただきながら本県の森林づくりの取組が行われているのだと感じました。

 林業関係ポスター等コンクールでは、長野県知事賞及び長野県教育委員会賞を受賞された小学生から高校生までの児童・生徒の皆様に御出席いただきました。また、県庁1階ロビーでも入賞作品の展示を行いました。

(入賞者への賞状の授与)

(ロビーでのポスター展示の様子)

(野鳥巣箱の展示)

 来年度以降も引き続き、この取組を通じて、県内の森林づくりの取組が活発化し、森林・林業への県民の皆さまの関心が高まれば幸いです。

 なお、ふるさとの森林づくり賞受賞者の皆様の功績や、林業関係ポスター等コンクール入賞作品については、県ホームページに掲載(こちらをクリック)しています。

<本件に関するお問い合わせ先>
林務部森林政策課企画係
TEL:026-235-7261
FAX:026-234-0330
メール:rinsei@pref.nagano.lg.jp

 

 

このブログのトップへ