信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 【情報発信】信州「森に通う道」 > 樹木 > 巨樹・古木 > 【信州「森に通う道」シリーズ】集落見守るイチョウの巨木~神戸(ごうど)の大イチョウ~(飯山市)

【信州「森に通う道」シリーズ】集落見守るイチョウの巨木~神戸(ごうど)の大イチョウ~(飯山市)

木の周辺は良く整備されており、地元の人達の大イチョウへの愛着が伝わってきます。枝が垂れ下がるイチョウの特徴から「乳垂れイチョウ」とも呼ばれ、昔は母乳がよく出るように祈願に来る女性も多かったとか。(写真では少し不明瞭ですが、所々、枝が垂れている部分があります)
写真⑦.cleaned

黄葉の時期も素晴らしいとのことで、周囲の木々が落葉しても、最後まで黄金色の葉を残し、ある日、一気に落葉するそうです。その「黄金の花吹雪」も一度見てみたいものです。
「また来いよ」と言われた気がして、振り返って写真を撮りました。今度はファインダーに納まったかな。
写真⑧

1 2 3 4 5

このブログのトップへ