南信州お散歩日和 南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:坂部の雪祭り(天龍村)】

南信州お散歩日和

南信州は、広い長野県の南端に位置しています。やわらかい方言が使われ、人も土地柄も温かく穏やかな当地域には、 各所に温泉があり、賑やかなお祭りもたくさんあります。 この地域ならではの魅力を職員がお伝えしていきますので、 南信州にどうぞおいでなんしょ!【写真:坂部の雪祭り(天龍村)】

長野県魅力発信ブログ > 南信州お散歩日和 > 南信州の林業 > 林道工事日誌 番外編[橋梁点検]

林道工事日誌 番外編[橋梁点検]

 

林務課のⅯです。

職場から見える山も雪化粧をはじめ、冬の到来を感じる時期となりました。

 

先日、県職員と市町村職員を対象とした林道の橋梁点検研修が行われ、

林務課からも数名が参加、研修を受けてきました。

今回はその様子を少しご紹介したいと思います。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の研修では、南信州地域の県有林内に施工された橋梁3基を実際に点検しながら、

その手順や考え方を学びました。

冷たい風が吹き付ける中での研修でしたが、多くの市町村職員の方々に参加していただきました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは橋梁に積もった落ち葉や土砂を取り除きます。

 

 

橋の長さ、幅などを測定し、各部材の点検を開始。

写真やメモを取りつつ、部品の状態を一つ一つ確認し、記録していきます。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

橋梁の下部へ。

床版や橋台など、普段は目にする機会が少ない部分も順番に見ていきます。

 

 

 

こうして各部材の様子を記録することで、現在橋梁がどのような状態にあるのか、

早急に点検は必要なのか、また今後の維持管理をどのように行っていくのかを判断します。

 

橋梁によってその状態はさまざまで、参加者の皆さんは講師の方の解説を聞きつつ、

写真やメモを取ったり、橋梁ごとの部材の状態の違いを観察したりしていました。

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は3基それぞれが異なる構造の橋梁だったため、

橋梁ごとの特徴を見ることができて勉強になりました。

 

 

 

点検を行っていると、現在まで橋梁がどのような環境にあったのか、

また施工当時はどのような様子だったのかが垣間見えて、

実際に現場に出て、自分で確認することの大切さを改めて感じた研修でした。

 

 

 

 

研修を開催してくださった関係者の皆様、

参加してくださった市町村職員の皆様、

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LINEで送る

このブログのトップへ