ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:飯綱山 初冠雪)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 生身のスタッフによる血の通った顔の見える人間的なブログを目指しますので、お見逃しなく。(写真:飯綱山 初冠雪)

信州ため池カード 長野地域 №2 鏡池 №3 小鳥ヶ池

農地整備課です。信州ため池カード長野地域 №2鏡池、 №3小鳥ヶ池を紹介します。カート$02(鏡池).cleaned_ページ_1
 

鏡池のため池カードは鏡池のそばにある「鏡池どんぐりハウス」で配布します。県道36号から入りますが、新緑、紅葉の時期は、循環シャトルバスが運行されます。特に10月のシャトルバスの運行時間には一般車両は進入禁止となります。また、降雪があると冬期通行止めになります。ご注意下さい。

「長野地域8か所の「信州ため池カード」を集めて信州農産物が当たるスタンプラリーに応募しよう!」はこちら

IMG_3714
営業期間 4月下旬~11月末 定休日 毎月 第三水曜日

営業時間 9:00~17:00(季節により営業時間を変更することがあります。)

電話026-254-3719 FAX026-254-3720

鏡池どんぐりハウスのHPはこちら FBはこちら

戸隠観光協会のHPはこちら (循環シャトルバスの情報が掲載されています。)FBはこちら

カート$03(小鳥ヶ池).cleaned_ページ_1
小鳥ヶ池のため池カードは戸隠神社中社の向かい側にある「戸隠観光情報センター」で配布します。県道36号のカーブのところにありますので道路の横断にご注意ください。

IMG_9401IMG_9404
営業時間 9:00~17:00 冬季 10:00~15:00

電話026-254-2888

戸隠観光情報センターのHPはこちら FBはこちら

小鳥ヶ池の周りには遊歩道が整備されていて池を一周できます。池の風景や豊かな自然を楽しむことができます。7月の中ごろはギンリョウソウを見ることができました。IMG_8172IMG_9067 IMG_9073
戸隠高原にはそば打ち体験ができる「戸隠そば博物館とんくるりん」があります。そば打ち体験とお食事ができます。管内には戸隠そばミュージアムがあり戸隠そばの今と昔から世界のそばの文化まで知ることができる体験型博物館となっています。(写真提供 戸隠そば博物館とんくるりん (そば打ち体験))

IMG_9043sobauchitaikenn-1.cleaned IMG_4107
開館時間 9:00~17:00 休館日 第三水曜日

電話026-254-3773 FAX026-254-3779

戸隠そば博物館とんくるりんのHPはこちら FBはこちら

戸隠高原の農産物直売所を紹介します。

戸隠バードライン沿いに「戸隠園芸組合直売所」があります。新鮮野菜や切り花が手に入ります。

IMG_9039 IMG_9038IMG_0065 IMG_4097
営業期間4月29日~GWは無休 GW後~6月までは土日の営業 7月~11月24日は無休

営業時間 9:30~15:30 電話026-254-3169

戸隠園芸組合直売所のHPはこちら

戸隠そば博物館とんくるりんの手前に「ふれあい野菜直売所」があります。新鮮野菜や地元産のそば(半生麺)が手に入ります。

IMG_0072IMG_0068 IMG_0070
営業期間 GW前~11月23日 5月~6月までは金土日の営業 7月~11月23日は無休

営業時間 8:00~16:00 電話026-254-3771

ふれあい野菜直売所のHPはこちら

戸隠そば博物館とんくるりんを過ぎたところに「戸隠高原野菜直売センター」(看板名称)があります。新鮮野菜が手に入ります。

IMG_9019 IMG_4044
営業期間5月上旬~11月23日 5月~6月までは土日の営業 7月~11月23日は無休

営業時間 8:30~16:00 電話026-254-3776

戸隠高原野菜組合直売所の場所はこちら

IMG_8034
鏡池の歴史(小鳥ヶ池の歴史も記載されています。)

古代から霊峰として崇められ、日本神話にも名高い戸隠山、この山の麓に「戸隠の大正池」とも称される「鏡池」が存在する。この鏡池は、標高が1,200mの高地に開墾された水田を潤す目的で、昭和44年から49年にかけて県営事業により築造されたものである。戸隠連峰を源とする清冽な湧水を稲作に利用するために、いったん貯水し水を温める機能を持つ農業用の温水ため池として誕生した。戦前、戸隠村(現長野市)の宝光社地区や中社地区では、標高が高く稲作を行うことが難しかった。村では戦後、食糧増産のためにこの高地に大規模な開田を実施し、併せて鏡池や小鳥ヶ池などの温水ため池を築造した。これにより、保温折衷苗代などの水稲栽培技術の向上と相俟って、この地域での稲作を可能にした。約70haの水田を懽漑するこれらのため池は、現在では地域のシンボルとして観光面でも大きな役割を果たしている。特に、この鏡池は、その名前にふさわしく、戸隠山の四季折々の表情を鏡のように水面に映し出しており、その美しい様を一目見ようと数多くの観光客が訪れている。今、晩秋の静寂の中で、鏡池は、これから迎えようとする長く厳しい冬に備え、静かに美しく、そして厳かに佇んでいる。(出典:農の営みをささえる 信濃の疏水)

LINEで送る

このブログのトップへ