信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > ちさんマン > 「森林の防災・減災講座2018」を開催しました!

「森林の防災・減災講座2018」を開催しました!

こんにちは、森林づくり推進課のたぬ吉Bです。
たぬ吉B










6月に入り、いよいよ雨の多い季節が始まろうとしていますが、県では、5月20日から6月30日までの間を「山地災害防止キャンペーン」期間としています。
キャンペーン期間中は、梅雨入りを迎えるにあたり、県が推進する治山事業を始めとした保安林整備や施設整備と併せて、「災害への備え」について県民の皆様に関心を持っていただき、地域としての防災・減災を進めていくため活動を行っています。

キャンペーン期間中の活動の一環として、6月4日に長野市生涯学習センターで「森林の防災・減災講座2018」を開催しました!
IMG_0276












講座では、林野庁森林整備部治山課長の大政康史氏と長野県立歴史館長の笹本正治氏のお二方よりご講演をいただきました。
まず、大政康史氏より「九州北部豪雨による流木災害等を踏まえた治山対策の取組」と題して、九州北部豪雨で大きな被害を及ぼしたと考えられている「流木」対策を柱とした治山事業の推進に関して、全国的な状況を踏まえてご講演いただきました。
また、熊本地震をはじめとした自然災害について、文献などから過去に同様の災害が発生していたことが判明しており、「地域史を知ることは防災につながる(伝承されていれば被害を軽減できた可能性がある)」という地域防災に係るお話もいただきました。
IMG_0290 - コピー












続いて、笹本正治氏より「神の木を伐るな~土石流災害と伝説~」と題して、地域の伝承から森林と災害との関わりや今後の森林と防災のあるべき姿についてご講演いただきました。
講演の中では、「人が手を加えた森林(人工林)は管理が必要である。」「住む地域の歴史や現状を知ることで未来が見える。」「伝承を未来に伝えていくことが重要」というお言葉があったとおり、自分の暮らす地の足元のことについて知ることが、災害から身を守る上でも重要であることをお話しいただきました。
IMG_0296 - コピー
 

 

 

 

 

 



講師のお二方からいただいたお話しの中で共通していることとして、「地域の歴史を知ることが地域防災の第一歩である」という点が挙げられます。
地域の歴史等を知ることにより、過去の事例を顧みて、今後発生するかもしれない災害へ備えることができる。そのためには、まず、自分が住む場所がどんな場所なのかを知ろうとする意識が重要だと感じています。

また、会場では講演前と休憩時間の間に治山や山地防災にまつわるパネル等の展示や森林の災害防止機能模型の実演を行いました。
特に、模型に関しては、実際に動きを通して機能を見ることができることから、森の働きや治山事業の効果がわかりやすいと好評をいただいています。今年の夏も、森林林業関係のイベントなどに出展する予定です。
IMG_0271
 

 









そして、展示の一角には一部で熱狂的な人気を誇る「ちさんマン」特設ブースも。。。
IMGP6053
 











いつの間にやら、バリエーションが豊富になっていますね。これはもしかすると、実寸大として姿を現す日も近いかもしれませんね。ちさんマン。

tisanmanfly








「これも地道な活動の成果だな!キミも俺を見習って山地防災の普及啓発に励みたまえ!」

 

講座には、市町村関係者や地域自治組織の皆様など約120名の方々にご参加いただきました。
今後も、継続的にこうした講座を開催するなど、地域防災の発展に向けた取り組みを進めてまいります。

LINEで送る

このブログのトップへ