諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 昔は八ヶ岳にもいたライチョウと温暖化の話・下――バードフェスティバル諏訪3――

昔は八ヶ岳にもいたライチョウと温暖化の話・下――バードフェスティバル諏訪3――

6月に岡谷市の塩嶺小野立公園(小鳥の森)内
「塩嶺閣」で開かれた
バードフェスティバル諏訪で
ライチョウのパネル展示をした山本篤子さんは
こう言います。

「ライチョウは近い将来絶滅するかもしれないから、
それを防ぐためにはどうしたらよいかということを
今回の展示で考えてほしかった」

アルプスの峰々で
ライチョウの姿を見るのは
何ものにも代えがたい喜びです。

わたしたちはまさに今、
ライチョウと共存できるか否かの
岐路に立たされているということなのです。


(かつてライチョウが生息していたとされる標高2531mの蓼科山)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昔は八ヶ岳にもいたライチョウと温暖化の話 上 〜バードフェスティバル諏訪3〜

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■バードフェスティバル関連の過去の投稿はこちら

2019.08.09
水鳥たちを泣かせるモノ――バードフェスティバル諏訪2――

2019.06.19
良いカメラマン・良くないカメラマン――バードフェスティバル諏訪1――

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このブログのトップへ