諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 昔は八ヶ岳にもいたライチョウと温暖化の話・下――バードフェスティバル諏訪3――

昔は八ヶ岳にもいたライチョウと温暖化の話・下――バードフェスティバル諏訪3――

サルが現れたとき、
スタッフらはサルに向かって
手を叩いて威嚇し、
何とか追い払ったそうです。

そして2019年8月4日、
ライチョウの母子はケージから飛び立ってゆきました。

山本さんにとっては涙の別れだったそうです。

(ところが翌日、
見守りをしていたライチョウの家族が
下山しようとしていた山本さんの前に
現れたそうです!)

https://www.47news.jp/3159470.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【ケージ保護の効果】

北岳でケージ保護を行ったのは
3家族でしたが、
それぞれに個性があったようです。

昨年もケージを使って子育てをしたメスなどは、
いそいそとケージにやってきたとか。

また天気の悪い日は
ケージの外に出たがらない家族もいたそうです。
(嵐の時は「籠の鳥」でヌクヌクしていたい
というのは人も鳥も同じですね)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

このブログのトップへ