「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その8~

より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その8~

 かもしか@林務課です。

 お待たせしました、早速発表します!
 カラマツの3ヶ月目の結果はこのようになりました!

 早くも、全ての試料が目標としていたM30以下という水分量に達し
ました。
 我々スタッフは、この結果を驚きながら聞きました。
 それというのも、実は、各試験地の状況の差や寒暖を調べるために、
温度・湿度測定機を置いていたのです。

 

 これが、その機械です。手の中にすっぽり納まる小ささですが、長期間
しっかり測定してくれる優れものです。

 

 上のグラフが気温、下が湿度の測定結果です。ひとつひとつの山が
1日毎の推移です。特に湿度を見てください。
 森林内はとても湿度が高いです。夜は100%に近い値が続いています。

 以前の報告にも、近くに沢があり、湿気が高いことをお知らせしました
が、そんな場所でもカラマツは乾燥し続けていたことになります。

 ただ、それよりももっと気になることがあります。

 

 割りも剥きもしていない大丸太が、
一番乾きにくいはずの下段でM30に達している
ではありませんか!?

 カラマツの一本一本の個性もあり、これが標準とは一概には言えません。
 ただ、何にもしなくても3か月置けば、燃料用チップに使うことができる
こともあることを数字は示しています。
 これは夏から冬にかけての温かい気温での実験ですが、前回報告した秋
から春までの実験ではどうなってしまうのか、早く比較したくて仕方ありません!

 ☆これまでの活動
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その7~ 
・“営業班”の中間発表!!                 
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その6~
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その5~
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その4~ 
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その3~ 
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み! ~その2~ 
・より乾いた木質チップを届けるための取り組み!      
・チップボイラー導入希望の事業者を募集します       
・木のチップを佐久の燃料に!               

このブログのトップへ