「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > その他 > 【浅間山情報(令和3年8月10日現在)】噴火警戒レベルが「1」へ引き下げられました!

【浅間山情報(令和3年8月10日現在)】噴火警戒レベルが「1」へ引き下げられました!

こんにちは、商工観光課のリンリンです。

浅間山にニュースです!

令和3年8月6日に気象庁は、「火口から500mを超える範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった」と判断し、浅間山の噴火警戒レベル2(火口周辺規制)から1(活火山であることに留意)引き下げました

令和3年3月23日にレベル2に引き上げられてから約4か月。
今回のレベルの引き下げにより、どのような変化があるのか?登山への影響は?など気になる点についてお伝えします!

1、噴火警戒レベルとは?
火山活動の状況に応じて「警戒が必要な範囲」と防災機関や住民等の「とるべき防災対応」を5段階に区分して発表する指標です。(気象庁HP「噴火警戒レベルの説明」)

浅間山の噴火警戒レベルの詳細をご確認いただけます。(気象庁HPから引用)

浅間山は、令和元年(2019年)8月19日に、噴火警戒レベル3から2へ引き下げられて以来、レベル1~2で推移しています。


▲浅間山の噴火警戒レベルの推移(気象庁「浅間山で発表した噴火警報・予報」を元に作成)

 

2、噴火警戒レベル「1」の場合、登山はどうなるの?
日本百名山の一つ、浅間山。外観の美しさだけでなく、登山も人気です。

まず、噴火警戒レベル1になることにより、レベル2と大きく変わる点は
「前掛山山頂(標高2524m)」までの登山が可能になる
ということ!


▲噴火警戒レベルごとに立入可能な登山道

浅間山では、噴火警戒レベルによって登れる登山道のエリアが異なります。

現在の噴火警戒レベル「1」では、レベル2・3の際に登山可能であった範囲に加え、「賽の河原分岐~前掛山山頂」(上記地図のオレンジ色の登山道)の区間の登山道も立入可能になりました。

※山頂火口から500mの範囲内(地図上の赤円内)は、常時立入禁止です。登山道はありません。

1 2

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

佐久地域振興局 総務管理課
TEL:0267-63-3131
FAX:0267-63-3105