「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > わたしたちの仕事 > 出張!森の働き学習マシーン ~2018環境フェアin佐久編~

出張!森の働き学習マシーン ~2018環境フェアin佐久編~

こんにちは、佐久地域振興局林務課のTです。

暑いぐらいの秋晴れの空の下で、10月6日(土)に佐久地域振興局主催の「2018環境フェアin佐久」が開催されました。
場所は「ぞっこん!さく市」が行われている佐久市 駒場公園の隣にある長野牧場内。

私達、林務課の広々としたブース内には、北相木村さんの協力でウッドフラワー(キノハナ)の製作体験ができるコーナーや展示パネルが設置されました。

その隣には、山地災害のしくみについて学べる“森の働き学習マシーン”とPRに来てくれた治山マンの姿も。

 

さっそく、来場してくださった皆さんにマシーンを使って、ビー玉で実際に土石流を起こし、悪い森林(災害に弱い森林)良い森林(災害に強い森林)について体験してもらいました。

写真で見ると左右の森林の違いはなんでしょうか?

左の森林は、人の手が入らず、植えっ放しになっている森林です。木が密集していて葉っぱが日差しを塞いでしまい、地面まで太陽の光が届かず下草などが全く生えていない、災害に弱い森林になっています。
一方、右の森林は森林整備が進み、様々な種類の木が生えてきて、地面に太陽の光も届き下草も生えているので、多様な災害に強い森林になっています。

勢いよくビー玉の土石流を流すお子さんもいれば、模型の真正面で目前に迫りくるビー玉の土石流を眺めるお子さんもいて、みんな見たい場所はそれぞれ。
さあ、悪い森林(災害に弱い森林)はどうしたら良い森林(災害に強い森林)になれるかな?

 

 

悪い森林(災害に弱い森林)には、混み合っている木々を伐採して、木の成長を促す間伐(かんばつ)が必要であることを説明させていただきました。

間伐を行えば、木の成長に良い環境を作ることができ、しっかりと根を張り土砂を支え、また地面に太陽の光も届き下草も生えているので、流れる雨水を少なくできるようなクッションの役割もでき、多様な災害に強い森林になります。

※もっと“森の働き学習マシーン”について詳しくご覧になりたい方はこちら→【過去の記事にリンク

なんと、アルクマも見に来てくれました! マシーンに興味津々です。

 

見学後は小さなお友達と記念撮影。

林務課ブース内で作っていた、“カンナ屑を使用して作ったお花”ウッドフラワーも見てくれました。

 

1 2

このブログのトップへ