「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のいい景色 > 北あいきの夜に響きわたる、「とおかんや♪」

北あいきの夜に響きわたる、「とおかんや♪」

 

北相木村では、子どもたちが地区の各家を、一軒一軒まわって、

家の前で とおかんや♪とおかんや♪ と唄いながら、地面をたたいていきます。

これは、田を荒らすモグラを追い払うという意味もあるそうで、

たたき終わると、そのお礼に家の人からお菓子などがもらえます。

子どもたちには、うれしい行事ですね

(終わるころには大人2人でも持ちきれないぐらいの量になってました!)

 

RSCN0093

【暗い中、家を一軒一軒訪問します。いただいたお菓子はつきそいの大人が持ってあげます】

 

この「とおかんや」、少子化を反映しているのか、途絶えてしまっているところが多いです。

今回訪れた地区でも、子どもがいないため、6年もの間、行われていなかったとのこと。

しかし、二年前、「とおかんや」のかけ声が、ふたたび響き渡るようになりました。

子どもがいないのに、なぜ?

 

実は、北相木村では山村留学が行われていて、県外から来た子どもたちが住んでいます。

 

山村留学と言っても、かつては3名しか来ていない年もあり、つい最近まで、その存続が危ぶまれていました。

しかし、村の人たちの教育に対する思いと努力が実を結び、

今や30名弱の子どもたちが山村留学に来て、1~2年間ほど、北相木小学校に通うようになったのです。

子どもたちは基本的に村営の山村留学センターで生活していますが、

1 2 3 4

このブログのトップへ

このブログや記事に関するお問い合わせ窓口

佐久地域振興局 総務管理課
TEL:0267-63-3131
FAX:0267-63-3105