「旬」の宅配便~佐久っと通信~ いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

「旬」の宅配便~佐久っと通信~

いつでも新鮮! 職員が見つけた佐久地域の「旬」の魅力をお届けします。 どうぞ、さくっと見てください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 「旬」の宅配便~佐久っと通信~ > 佐久のイベント > 小諸御牧原の菜の花まつりに参加してきました

小諸御牧原の菜の花まつりに参加してきました

 こんにちは!
 農地整備課のKS38です。

 今回は、自身3回目の参加となる、小諸菜種振興組合主催の「菜の花まつり」についてご紹介させて頂きます!

 残念ながら、菜の花は先週の台風できれいさっぱり散ってしまいましたが、当日はしっかり好天に恵まれ、大盛況となりました!(好天は3年連続です
01_0668 02_0683
 やはり目玉は 軽井沢浅間プリンスホテル レストラン「ジャルダン デ・テ」の関料理長によるパスタ、フリットですが、今年からは浅間自由市場より、「直売所 浅間のかおり」の出張所も新規にお目見えし、更ににぎやかになりました

03_0657 04_0678 

 また、振興組合の方々からも地元野菜の天ぷらが振舞われ、360度で山々が見渡せる絶好の展望のなか、大いに食欲を満たすことが出来ました
 
 振舞われたのはニセアカシアの花と若葉、白土ばれいしょ、菜の花、ヨモギ、せりなどの天ぷら(フリット)のほか、玉ねぎとニンジンなどのかき揚げ、そして料理長の手によるトマトのペペロンチーノです。

05_0672 06_0680

 これらにはすべて、振興組合で生産された純度100%の菜種油が使われています。
 「純度100%」というのは、油を搾る際に、”添加剤などがなにも使われていない”という事です。添加剤を使う事で、搾油量を大きく増やすことが出来る一方、その風味や味わいが損なわれてしまう、という欠点があります。
 こちらの振興組合では、「量より質」を目指し、高品質にこだわった油を造り続けています。

 この取組が功を奏し、関料理長が惚れ込むほどの品質が確保されたのでした。自分は難しいことは分かりませんが、「風味豊かで、濃厚なコクがある」とは料理長のお言葉です!

 菜の花の栽培は、元々耕作放棄地を作り出さないために開始された取組でしたが、年々その規模を拡大し、昨年は12トンの収穫量、搾油量は5,000ℓにものぼるそうです。

 平成16年以降、まつり会場は全て「県営畑地帯総合土地改良事業 小諸御牧原地区」の受益農地で開催されてきましたが、来年は、小諸市の「みはらし交流館」に会場を移すとのこと。
 この展望と共に天ぷらが味わえなくなるのは残念ですが、新会場も展望は抜群の様ですので、新しい拡がりを素直に楽しみにしたいと思います

 また、今日紹介した菜の花油は、小諸大橋たもとの“直売センター”でも購入することが出来ます!
 ペペロンチーノのレシピも紹介させて頂きますので、是非ともご利用のほど、お願い致します!

無題

 眼下では、受益地内で田植えが真っ盛りでした。
 事業完了後、新たなスタートを切る受益者の皆様方と、振興組合の皆様方の今後のご発展を記念し、筆をおかせて頂きます。

07_0688 08_0660
   

1 2

このブログのトップへ