ほっとスタッフブログながの 長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 スタッフによる顔の見えるブログ、地域の耳寄り情報を、是非お見逃しなく!(写真:信濃町野尻湖)

ほっとスタッフブログながの

長野地域の魅力、わたしたちの仕事について、ホットな話題を提供していきます。 スタッフによる顔の見えるブログ、地域の耳寄り情報を、是非お見逃しなく!(写真:信濃町野尻湖)

千曲市が交通死亡事故ゼロ300日を達成!

 こんにちは。地域政策課のK.O及びmです。

 管内の千曲市では、平成26年8月20日以降、交通死亡事故の発生がなく、平成27年6月15日で交通死亡事故ゼロ300日を達成しました。

 8月31日現在も交通死亡事故がないことから、長野県交通安全推進本部では、この功績を称え、31日に同本部顕彰の伝達式を長野合同庁舎にて行いました。

 千曲市からは山本副市長が出席され、島田長野地方事務所長から、表彰の伝達が行われました。

syotyou

 千曲市は、市内を国道18号、403号が走り、高速道路のインターチェンジもあることから、通過車両が集中し、交通量も多く、朝夕の交通渋滞が起こっています。こうした中で市では、交通安全市民大会の開催や交通指導員による啓発、指導などを行い、交通事故防止のための活動に取り組んでいます。

 山本副市長は、「千曲市では、季別交通安全運動や交通安全市民大会を通じて、交通安全意識の向上に取り組んでいる。今回の300日達成は、千曲警察署をはじめ、交通指導員、交通安全協会など、多くの関係する方々と力を合わせて達成できたもので、非常にうれしい。」とおっしゃっていました。

(向かって左から、玉城千曲警察署副所長、山本千曲副市長、島田地方事務所長)

(向かって左から、玉城千曲警察署副所長、山本千曲市副市長、島田地方事務所長)

 玉城千曲警察署副署長からは、「千曲市は、国道18号、403号の2本の国道があるなど、交通量が非常に多い。そのような環境の中で、今回死亡事故ゼロ300日を達成し、現在も続いているのは、交通安全に携わる皆様の努力の賜である。」と、講評をいただきました。

keisatu

  9月21日(月)から9月30日(水)まで、秋の全国交通安全運動が行われます。この時期は、日没が早くなり、交通事故の増加が懸念されます。夕暮れ時や夜間に外出する際には、明るい服を身に着け、反射材などを着用しましょう。車のドライバーや自転車を利用する皆さんは、夕暮れ時から早めに前照灯を点灯し、安全運転に努めましょう。

 

  「信濃路はゆとりの笑顔とゆずりあい」(長野県交通安全スローガン) 

 交通ルールを守り、事故のない明るい社会を作りましょう!

このブログのトップへ