来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > その他 > ◇記念すべき「松本地域20番目のワイナリー(塩尻市)」訪問記です!◇

◇記念すべき「松本地域20番目のワイナリー(塩尻市)」訪問記です!◇

商工観光課のユルクマです。
本年1月に免許取得、2月醸造開始された松本地域20番目のワイナリー(塩尻市)に、お邪魔しました。

農事組合法人 霧訪山シードル(きりとうやま シードル、塩尻市下西条)は、塩尻市主催「塩尻ワイン大学」卒業生による起業第3号です。

醸造責任者の徳永 博幸さんは、地元S社の現役ソフト設計技術者で、正にダイバーシティー(1人多役:企業エンジニア、果樹栽培者、醸造家、ベンチャー責任者)を、地で行かれています。


(写真右が徳永さん、左は小野松本地域振興局長)


(仕込み用の樽)
とは申せ、構想5年で今日まで漕ぎ着けられた苦労は、本場フランスでの研修含め、並大抵の覚悟・実践力では成し得なかったことだと思料されます。

熊本市ご出身、信州で30年余の会社勤めを経て、定年後の信州・塩尻での永住を決意されての「落地生(成)根」です。

現在、仕込まれているシードル(リンゴの発泡酒)は、地元の酒屋さんに卸されるそうで、ワインの仕込みは来シーズンからとのこと。


一歩一歩着実に、夢を形にしておられます。

 

facebook

 

○松本地域19番目ワイナリー「Le Milieuさん(安曇野市)に、お邪魔しました!◇」(リンク)

このブログのトップへ