来て!観て!松本『彩』発見 歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 来て!観て!松本『彩』発見 > 商・工・農・林 > ◇松本地域19番目のワイナリー:Le Milieuさん(安曇野市)に、お邪魔しました!◇

◇松本地域19番目のワイナリー:Le Milieuさん(安曇野市)に、お邪魔しました!◇

商工観光課のユルクマです。
昨年11月に免許取得、醸造開始された松本地域19番目のワイナリーLe Milieuさん(安曇野市)に、お邪魔しました。

合同会社 Le Milieu(ル ミリュウ、安曇野市 明科七貴)は、小規模施設でもワイン製造可能な「北アルプス・安曇野ワインバレー特区」を活用された第1号の醸造家さんです。


(写真右から代表の塩瀬さん、ソムリエの齋藤さん、松本地域振興局小野局長)

地元(安曇野市)ワイナリーで10年間修業された塩瀬さんと
須坂市のワイナリーでソムリエをされてた齋藤さん。

志も歳も同じお二人は、共通する知人を介し、また地域の御縁もあって、昨春創業まで漕ぎ着けました。

地元栽培のブドウ(契約農家)を使い、お二人にて品質・味を担保できるワイン限定生産がモットーです。

 

底冷えする工場内では、500Lタンクでシードルの仕込みが佳境。
心地良い芳香に、ユルクマは「胡蝶の夢」を見ました。

 

現在ネット販売はなく、12軒の地元レストランテーブルからのル ミリュウ(仏語:真ん中→食卓の中心)発信と、同じく地元酒販店からという地道な浸透を目指されています。

ぜひ当地を訪れていただき、その味、香りをお楽しみ下さい。

1 2

このブログのトップへ