来て!観て!松本『彩』発見

歴史と伝統の城下町松本。のどかな田園風景安曇野。そびえたつ雄大なアルプス。自然と文化に彩られたまつもと地域の情報を、松本地域の県職員の発見を織り交ぜつつお届けします。 面白いこと新発見、知ってる人にも再発見、何だこれはの珍発見。当たり前だと思っていたことから、ローカルなことまで職員の発信する情報をお楽しみください。

松本周辺の山<白山>

林務課のKです。

白山は、松本市波田にある里山の一つです。この山の麓にはかつて信濃の日光と言われた壮大な伽藍を配した若澤寺跡があります。

子供に仁王像の股くぐりをさせる慣わしで有名な波田の田村堂はここから移築された建物とのことです。

11月の初旬、田村堂を経て白山を目指しました。

 

 

 

 

 

南から大きく回り込む尾根に沿って、微かに残る山道を辿ります。

 

 

 

 

 

道もなくなりGPSで位置を確認しながら、笹薮をかき分けて山頂を目指します。

 

 

 

 

 

 

人の気配を感じない静かな山頂(若澤寺の奥社)には小さな祠が一つだけ置かれていました。

1 2

このブログのトップへ