是より木曽路 遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > その他 > 木曽の管内視察に行ってきました

木曽の管内視察に行ってきました

こんにちは、はじめまして

県税事務所のOです。

社会人1年目、木曽1年目ということで、きらきらのぴちぴちです。

どうぞよろしくおねがいします。

 

そんな木曽初心者のわたしは、

木曽についてもっと知るべしということで、

木曽管内の視察に行かせていただきました。

 

ずばり、今回の視察テーマは 

『木曽郡内のダムと発電所』です。

関西電力の方にご協力いただき、見学させていただきました。

わたしたちが見学した場所はこちらです、ドーン

①読書ダム

②柿其水路橋

③読書発電所

④大桑発電所

⑤木曽発電所

⑥木曽川電力資料館

 

たくさん!!!

 

その中でも今回は、①と③の2つをご紹介します。

それでは、紹介いってみよ~

 

 

わたしたちは、朝一番に、読書ダムへ。

 

 

おっと、失礼しました・・・。

写真が逆になっていました!いけないいけない。

 

 

180度回転。本当の姿です。

上下がわからなくなるくらい、ダムに映る山がきれいでした。

 

詳しい説明を受けます。ふむふむ。

 

こちらの読書ダムの水たちは、柿其川を渡る柿其水路橋を通り、読書発電所へ流れてゆきます。

 

 

水たちとともに、私たちも読書発電所に到着しました。

ボンジュ~ル

 

 

そう、読書発電所は1910年代~1930年代にフランスを中心に流行した、

美術工芸を取り入れているのです(アール・デコ調)。メルシ~

 

コンクリート造りのレンガ壁で、

半円形の窓や、明かり壁、飾り壁などのデザインが特徴的です。トレビア~ン

 

大正12年(1923年)に福沢諭吉の娘婿である、

電力王「福沢桃介」によって造られ、

平成6年に国の重要文化財に指定、

平成19年には近代化産業遺産にも認定された歴史ある建物です。

 

建物の中は、すてきな窓のおかげでとても明るいのです。

 

1 2

このブログのトップへ