是より木曽路 遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

是より木曽路

遥か彼方の京や江戸を思い、人々が往来した木曽路。 歴史と文化に彩られ、自然豊かな木曽地域の魅力を、当地勤務の県職員が四季折々に発信していきます。 あなたも、木曽に寄っていきませんか?

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 是より木曽路 > 子育て > 親子ブルーベリー狩り体験をしました!

親子ブルーベリー狩り体験をしました!

地域政策課のI、2児の母です。

先週末、「木曽子育てまちづくりの会」の主催の『親子ブルーベリー狩り体験』に行ってきました!

この会は、木曽の子育て環境をより良くするためできることをしよう!という方たちの集まりです。平成26年に発足し、現在会員18名。主に乳幼児から小学生のお母さん達が、行政などと協働しながら、自然体験、食育活動、育児用品のリユース、公園マップづくりなどをしています。

この日は、木曽町の七笑酒造が管理している上松町荻原の農園におじゃましました。笑顔で出迎えてくれたのは、常務の川合聖子さん。普段はお上品な老舗酒蔵のご夫人といった印象の聖子さんですが、農作業スタイルも素敵でした。

参加者は、大桑村、上松町、木曽町からの親子13組。おんぶの赤ちゃんから小学生まで28人のお子さんと保護者15人がブルーベリー狩りを楽しみました。朝から降ったりやんだりの雨空でしたが、子どもたちはハイテンション。大粒のブルーベリーを小さな手でせっせと摘んで口に運んでいました。「甘いね。おいしいね。」「お母さん見て!たくさん採れたよ。」お土産用にカゴいっぱいに摘んでいる子も。

「ブルーベリーの中って何色か知ってる?」と子どもに聞かれ、「紫!」と自信満々に答えたのですが「違うよ。見てみ。黄緑でしょ。」小さな発見に大喜びの我が子。一口で食べちゃうので気づかなかった母です…。

DSC04473

DSC04482DSC04483

 

 

 

 

老舗の酒蔵とブルーベリー、意外な組み合わせですが、10年ほど前に空地を活用するためブルーベリーを植えることにしたそうです。そのまま食べておいしい大粒の品種を中心に50本から始め、今では300本にもなるとか!七笑酒造では、毎年、木曽幼稚園ときそふくしま保育園の園児たちをこの農園に無料で招待しています。大人の楽しみ(酒)だけでなく、子どもの楽しみも提供してくれる、粋な酒蔵です!

一般の方のブルーベリー狩り体験は、6月下旬から7月上旬にかけての土日限定です。販売は、木曽町の上町商店街にある店舗のほか、Aコープ木曽福島店、道の駅「木曽市場」でも行っています。

DSC04485DSC04500

 

 

 

 

 

 

 

七笑の農園は今年はもう終盤ですが、開田高原はこれからが本番です。木曽郡内は気候の差があるので、場所を変えて長く楽しめますね♪

1 2

このブログのトップへ