い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > かみいな風景一話~明治150年!伊那県庁(飯島陣屋)の志士達の物語!!

かみいな風景一話~明治150年!伊那県庁(飯島陣屋)の志士達の物語!!

こんにちは!

伊那建設事務所建築課のIです。

当ブログのシリーズ企画

「伊那県発足150周年記念事業 信州いいじま伊那県ウォーク」のR子さん

完歩!感激のゴール!!おめでとうございます!!!

北小路俊昌 初代伊那県知県事を記念して京都から飯島町までを自らの足で

歩いてたどる大型イベント、約1年間、12回のウォークに参加された皆様、

主催者、関係者の皆様に、一読者として敬意を表したいと思います。

 

私も昨年春の講演会で、伊那県の三年ほどの歴史に大きく関わる

「伊那県商社事件」について、初耳の、大変心に残る話を伺いましたので、

この機会にご紹介させていただければと思います。

 

舞台となった飯島陣屋跡(県史跡 昭和37年指定)

江戸幕府の代官役所として延宝5(1677)年に成立、以降

伊那谷の天領や信濃の直轄領を支配(一時は5万石)していましたが、

倒幕により廃止となり、慶応4 (1868)年8月2日(新暦9月17日)

新政府は陣屋跡に伊那県庁を発足、公家の北小路俊昌卿を知県事

に任命しました(当時は「県知事」ではなかったそうです)。

伊那県庁は信濃の北端から三河までの旧幕府領に及ぶ広大な県域

(32万石)に及びました。旧陣屋は他に、中野(中野市)、中之条(坂城町)、

御影(小諸市)があり県支局となりましたが、飯島を県庁をした理由は、

1 2 3 4 5 6 7

このブログのトップへ