い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > 魅力満載のローカル線!!飯田線~駒ケ根市編「伊那福岡駅」

魅力満載のローカル線!!飯田線~駒ケ根市編「伊那福岡駅」

探検隊のOTです。

駒ケ根市にある伊那福岡駅を紹介します。

この駅を訪れると、真っ先に気づくことは、駅の入口が、Ωカーブ(前回の田切駅編をご覧ください)をモチーフにしていることです。遊び心を理解していただいたJR東海さんに感謝です。

7fukuoka1

7fukuoka2

(下の写真は反対ホームから見たものです。)

7fukuoka13

<伊那福岡駅基本データ>

  • 無人駅
  • ホーム 2面2線
  • 標高 663m
  • 一日平均「乗車人数 301人(平成25年)

 

この駅は、県立駒ケ根工業高校の玄関駅となっており、駅前周辺整理は、生徒会も協力して実施しています。トイレも洋式できれいに使用されており、トイレットペーパーも備わっていました。

7fukuoka47fukuoka18

7fukuoka10

平日の朝、通学などの利便性を図るため、1本だけ当駅止まりの列車が運行されています。生徒を下した電車は、駒ヶ根駅まで回送となります。(下の写真は、学生を下ろして、そのまま回送電車となります。車掌さんたちが座席を進行方向に戻していました。)

7fukuoka3

 

伊那福岡駅の南西に、住友セメント工場があり、積み出しのための専用貨物線がありました(昭和57年廃止)。工場は、現在更地となり、専用線も福岡踏切手前で切断撤去され、現在は、時々、作業車が止まっています。(今の福岡踏切の西側の遮断機は、昔の貨物線上にあります。)

7fukuoka14

(上の写真の作業車の先まで専用貨物線があり、右奥付近にセメント工場があったそうです。)

7fukuoka11

(上の写真は、専用線が踏切手前で車両止めとなってしまいました。)

 

1 2

このブログのトップへ