い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 歴史・祭・暮らし > 上伊那の送り盆 三題(振り万灯 百八灯 盆正月)

上伊那の送り盆 三題(振り万灯 百八灯 盆正月)

上伊那地域魅力発掘探検隊(歴史・祭・暮らしグループ)のIです。
8月16日夜から朝駆け、上伊那に伝わる送り盆の行事を見てきました。

その一 南箕輪村田畑の「振り万灯(ふりまんど)」

ご先祖の霊をお送りする送り万灯、縄の先に結えたわら束(万灯)に火をつけて、子ども達が勇敢に振り回しながら神社近くの坂道を下る行事です。13日には迎え万灯がありました。



子ども達一人ひとりが出発する時、将来の夢や夏休みの思い出のコメントを聞かれ、その内容がアナウンスされます。サッカー選手、パティシエ等さまざまですが、多かったのが、「将来の夢はまだ決まっていないけど、お父さんのような消防団員になりたい」でした。南箕輪村の未来の消防団員、育っています!

そのニ 伊那市西箕輪大萱の「百八灯(ひゃくはってい)」

大萱地区のお祭りの最後に行われる、108の灯をともす「百八灯」、江戸時代から伝わる行事で、百八の煩悩を除く、という意味があるそうです。つり下げられた火の玉の連なる光景は幻想的です。(一昨年の百八灯では、地元発の映画「ほかいびと」で田中泯さん演じる井上井月が舞を舞うシーンの撮影があったとのことです。)

 ”聖火”を灯す役目は地元の中学生達です。

1 2 3

このブログのトップへ