い~な 上伊那 2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

い~な 上伊那

2つのアルプスと天竜川からなる伊那谷の北部に位置し、雄大な自然に囲まれた上伊那地域。 この地域の自然、食、歴史や地域のがんばる人々など、私たち職員が見つけ、感じた上伊那の魅力と地域の活力を発信します。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > い~な 上伊那 > 食・農・旅 > 『上伊那農業の底力』 奥深~い”おいしい米づくり”!

『上伊那農業の底力』 奥深~い”おいしい米づくり”!

 農政課です。
 皆さん、毎日おいしいご飯を食べていますか?

 上伊那地域では、民間団体が公表している「お米の食味ランキング」で最高ランク「特A」に位置づけられるおいしいお米「コヒシカリ」が作られているんです。
 http://www.kokken.or.jp/ranking_area_15nagano.html

 こうしたおいしいお米づくりに実は地方事務所も一役かっています。

 5月15日、伊那市美篶にある「伊那米総合試験地」という水田で、上伊那地域で有望と思われるお米11品種を、地方事務所農政課、農業改良普及センター、JA上伊那などのお米に関係する様々な機関の職員で田植えを行いました。

  
   
   やる気満々の田植え隊!      普及センターのK補佐が陣頭指揮!
 
  

 「早乙女!?」3名に運動不足美味「荘年男」総勢20名余が、主食用主力品種のコシヒカリや日本酒用用の酒米、お餅用のもち米の苗を1品種3本ずつ、手で丁寧に植えました。

     
 
 
  3本ずつ丁寧に植えます!  横に並んで1人5列分を植えました。

 近頃は機械による田植えがほとんどで、手植えをする光景はなかなか見られませんよ。

 しかも田植え前には水田に方眼紙のような升目を付けて必ず一定間隔に苗が植わるような準備もするのです。

 
 
   
    
  
        
  水田に升目を付けます!   升目は33cm×15cm四方の一定間隔  

1 2

このブログのトップへ