じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > お店の名物ラーメン その10 飲み屋のラーメンと韓国ラーメン

お店の名物ラーメン その10 飲み屋のラーメンと韓国ラーメン

 上小地方事務所のF森です。

 お店で人気となっている名物ラーメンを紹介するシリーズの10回目です。前回までのブログ → その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8  その9

◎居酒屋の激辛ラーメン
 最初は、上田駅すぐの地下街にある居酒屋幸村の激辛ラーメン。

 この店は、店ののれんに「ろばた焼き」と書いてあるように、野菜や魚介類を焼いたものを出してくれます。電車の時間待ちや1次会でちょっと飲み足りなかったときなどに寄らせてもらっているお店です。したがって、お腹は空いていないことが多いので、あまりつまみは頼みません。大好きなしいたけを焼いたものとかぐらいですかね、普段オーダーするのは。

 ただ、ある時、ちょっと腹に入れたいなあと思ってカウンターの上に張ってあるメニューを見たら、ラーメンがあるんです。その中で目を引いたのが赤池じごくらあめん。見ただけで辛いラーメンだということがわかる。で、ものは試し、頼んでみました。出てきたラーメン丼の中を見ると、それほど赤くない。食べてみたら、辛い!! 食べてすぐ辛さが効いてきます。でも、慣れるもんですね。全部おいしくいただいてしまいました。

 ここは、馬刺しとか「おたぐり」とか長野県の郷土色といっていいようなものも出してくれます。また、クルミぎょうざというものがあって、何かなあと思って頼んでみたら、餃子の具の中に、砕いたクルミが混ぜてあるんです。粗めに砕いてあるので、普通柔らかい具の中で、クルミの硬い食感がおもしろいです。味もいいです。

◎韓国料理の店のその名も「韓国ラーメン」
 次は、上田駅前の天神町の飲食店街にある韓国の家庭料理のお店クイちゃん

 一昨年(平成24年)にオープンしたお店です。上小地方事務所のOBの方がこの店の従業員の方に日本語を教えていて、その方に連れてきてもらったのが、ここに来るきっかけ。プルコギやチゲなどおなじみの韓国料理のほか、ごま油の効いた韓国風のり巻きなんていうのもあります。お勧めは、厚切りの豚ばら肉を焼いたもの。網でなく鉄板で焼きますが、鉄板がわずかに傾斜していて、油が下に落ちるようになっています。

 麺料理では、韓国料理なので、冷麺は当然あります。職場の仲間などと飲みに行ったとき、連れが頼んでいました。ゆで卵が乗っていておいしそうですが、ラーメン好きの私としてはもちろん韓国ラーメンを注文。辛いです。唐辛子で辛いんですね。麺を食べた後残ったスープを見たら、丼の縁には赤い色が。玉ねぎとニンジンの細切りが入っていて、溶き玉子を回し入れてあります。スープは塩味中心。飲んだあとの〆に頼んだのですが、味や入っている具の記憶が次の日全くなく、別の日にランチで再度訪問。食べて帰ろうとすると、店の方が、「コーヒーも飲んでいきなさいよ」とまだ少したどたどしい日本語でやさしく言ってくださいました。

  ↓↓↓ お店の場所はこちら ↓↓↓


幸村
 住所:上田市天神1-2-1
 電話:0268-27-0240
 地図:

クイちゃん
 住所:上田市天神1-2-28
 電話:0268-23-0155
 地図:

1 2

このブログのトップへ