じょうしょう気流 「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

じょうしょう気流

「上小(じょうしょう)地域」と聞いて、みなさんは長野県のどの地域を思い浮かべますか?「上小地域」は、上田市、東御市、小県郡長和町、青木村の2市1町1村からなり、群馬県の西側に接する地域です。「上小」には自然、歴史、文化、おいしい農産物など、さまざまな魅力がありますが、それらを上田合同庁舎の職員の目で見て綴り、皆さんにご紹介してまいります。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > じょうしょう気流 > 職員のみつけた情報コーナー > 食文化 > 上田市真田町本原「駅前食堂」で名物もつ煮とラーメンの「ぽっぽや定食」

上田市真田町本原「駅前食堂」で名物もつ煮とラーメンの「ぽっぽや定食」

 

こんにちは。

総務管理課のさくたろうです。

 

昨日のみやびさんに引き続き、「駅前食堂」をご紹介します。

 

上田管内で美味しいもつ煮のお店と言えば、以前にもご紹介した「もつ煮こばちゃん」がありますが…。

美味しいもつ煮のお店といったら、やっぱり「もつ煮こばちゃん」!

お昼にも美味しいもつ煮を食べられるところはないのかなぁと探していたところ、みやびさんから『この前行った「駅前食堂」は、もつ煮も美味しいから、是非食べてみてほしい!』と強烈なおすすめをいただいたので、早速さくたろうも行って来ました。

「駅前食堂」と言うのに肝心の駅が近くにないことが疑問でしたが、その昔、真田方面にも上田交通真田傍陽線という電車が通っていたそうです。

お店の看板は、裏側に当時の駅名標を再現しています。

 

店内は、昔ながらの食堂の雰囲気。

真田傍陽線があった頃の写真が飾られていました。

 

もつ煮が食べたいさくたろうに、ぴったりなメニューがありました。

それがこちらの「ぽっぽや定食」1,000円。

ラーメン、もつ煮、半ライスのセットです。

1 2 3

このブログのトップへ