北アルプスCOOL便 北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

北アルプスCOOL便

北アルプス山麓に広がるこの地域の大自然はもちろん、 歴史、文化、おいしい食べ物など、さまざまな魅力を皆さんにお届けします!

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 北アルプスCOOL便 > その他 > 【最近の経済情勢と地方創生を考える】職場内研修会を行いました!

【最近の経済情勢と地方創生を考える】職場内研修会を行いました!

こんにちは!税務課です!

 

12月26日、八十二銀行大町支店の中村支店長をお招きし、

職場内研修会を開催しました。

研修会には、地方事務所、保健福祉事務所、建設事務所の所長から、

4月に採用されたばかりの職員まで36名の職員が参加し、

熱心に受講しました。

本研修会のテーマは「最近の経済情勢と地方創生を考える」です。

講演ではまず、長野県の経済情勢と地方の人口減少について大きな視野で説明をしていただき、

その後地方創生に向けて、八十二銀行が具体的にどのような取組を行っているかなど詳しくご説明頂きました。

ブログ2

 

講演の中で、中村支店長は何度か「経済合理性」について言及されました。

「投入資金が自働的に回転するようなサイクルを作る」という考え方は

私たちが様々な取組を行い、これからの長野県の未来を考えるために重要な視点であると感じました。

 

ぶろぐ2

 

 

今回の研修会では、銀行について理解が深まるとともに、

銀行の視点から行政についてお話されたことで、

「私たちの仕事はそういう風に思われていたのか!」という発見もありました。

講演の最後に中村支店長は、地方創生もそれに伴う事業も、主体はやる気に満ちた事業者であり、

銀行・行政などの役割は側面・後方支援を中心とした水先案内人であるとおっしゃりました。

意欲やアイディアのある起業者が取り組む事業に対し、行政や銀行がともに支えていくためにも、

1 2

このブログのトップへ