信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > 【情報発信】信州「森に通う道」 > 樹木 > 巨樹・古木 > 【信州「森に通う道」シリーズ】長野県内1位の巨木 ~月瀬の大スギ~(下伊那郡根羽村)

【信州「森に通う道」シリーズ】長野県内1位の巨木 ~月瀬の大スギ~(下伊那郡根羽村)

「巨樹・古木」好きの森林政策課のCです。
先ごろ下伊那郡の根羽村へ行く機会があり、少し時間があったので「そうだ、あの大木に久しぶりに会いに行こう」と思い立ち、村のシンボルの1つともいえる「月瀬(つきぜ)の大スギ」を訪ねました。

長野県の最南端に位置する根羽村は、県内でも有数のスギの産地で、「根羽すぎ」ブランドによる林業振興に取り組むなど、全国的にも知られる林業立村。そんな根羽村内の国道を西へ走っていくと、愛知県との県境にほど近い集落に、スギの親分、長野県で最も太い木「月瀬の大杉」があります。

今から20年程前、根羽村経由で愛知県方面へ出かけた時に、その姿を一目見たくて訪ねたことがありました。久々の訪問となった今回、当時とは異なって駐車場や遊歩道、トイレ等が整備されていることに気づきました。大スギを訪れる人のために平成27年、「月瀬の大杉公園」として整備されたもの。駐車場から歩く距離は少しですが、微妙に縦揺れする吊り橋を渡らねばならず、「神の木」に近づくための儀式のようです。

はい。着きました。
20年前と変わらぬお姿。こっちは歳とったのに、大スギの方は樹齢1,800年のうちのたかだか20年。何事にも動じないといった重厚な風格があります。
写真1

しかしデカい。なんでしょう、巨大な岩石のようです。
写真2

1 2 3 4 5

このブログのトップへ