信州森林づくり応援ネットワーク

あなたにちょうどいい森林との付き合い方を探す場所、それが「信州・森林づくり応援ネットワーク」です。楽しみ方を発見すれば、森林との距離はグッと縮まりますよ。信州には、森や山などの自然に魅了されている多くの人がいます。そんな人々が、きっかけのほしいあなた、つながりを求めているあなた、スキルアップしてみたいあなたをご案内します。信州の木を使った取組の話題もありますよ。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 信州森林づくり応援ネットワーク > その他 > 【信州「森に通う道」シリーズ】もりがーるの体験レポート第1弾 ”里山のくらし”

【信州「森に通う道」シリーズ】もりがーるの体験レポート第1弾 ”里山のくらし”

信州の木活用課 りゅうと申します。

小さい頃は野山を駆けずり回ったものですが、そんな日々も今や昔のこと
のどかで美しい里山のくらしが遠く懐かしい・・・などとしみじみ感じる今日この頃

そんな中
職場の同僚であるTさんに誘われて鬼無里の田植え体験に行ってきたので
「里山のくらし」をコンセプトにレポさせていただきたいと思います
(やってることは農業じゃない?という御指摘は甘んじて受けますが、そんな方こそぜひ本記事の最後までご覧いただければ幸いです)

長野駅から鬼無里にある目的地の田んぼまでは車で約1時間
新緑の季節を経てのびのびと枝葉を伸ばす木々を横目に
山の中をどんどん進んでいきます

早朝だったからか(AM8時前後)道路の混雑もなく
すんなりと現地に到着
天気は晴れときどき曇り 田植えには申し分なしではないでしょうか

早速受付に向かうと
さわやかな挨拶で出迎えてくださったのは「NPO法人 まめってぇ鬼無里」のスタッフさん
明るくハキハキと声をかけてくださるので
あっという間にその場の雰囲気になじむことができました

ひとしきりお話をしてから
田植えに向けた身支度を整えます
180526_IA01

1 2 3 4 5 6

このブログのトップへ