諏訪を体感!よいてこしょ!! 諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

諏訪を体感!よいてこしょ!!

諏訪地方の新鮮な話題を 私たち職員がお届けします。

しあわせ信州 > 長野県魅力発信ブログ > 諏訪を体感!よいてこしょ!! > その他 > 良いカメラマン・良くないカメラマン――バードフェスティバル諏訪1――

良いカメラマン・良くないカメラマン――バードフェスティバル諏訪1――

それがある年、
ヒレンジャクが来たとの情報が伝わって
湖畔ぎりぎりのところに
県内外からのカメラマンがずらりと並んだそうです。

でも、そんなことをしたらヒレンジャクは、
お気に入りの場所で
水を飲むことができません。
(当然、撮影もできません)

(宮澤さんが撮影したヒレンジャクの写真の拡大)

ここでまとめ。

野鳥を撮る「良いカメラマン」は
鳥のことをよく知ろうとし、
鳥にストレスを与えないようにすることを
第一に考えます。

一方、「良くないカメラマン」は、
自分が鳥を撮るためには
鳥の迷惑も周りの人の迷惑も
お構いなしに行動します。

どちらが本当に鳥を愛しているかは
一目瞭然。

あ、でも、これは鳥だけの
問題ではありませんね。

マナーの良しあしというのは結局、
相手の身になって考えられるか否かということ。

想像力と類推力をベースにした
「人間力」の問題と言えるかもしれません。

1 2 3 4 5 6 7 8

このブログのトップへ